読書感想文を手っ取り早く書きあげる方法


スポンサーリンク


用紙
友達に大好きなことを話すように、書く

 

こんにちは、文LABOの松村 瞳です。

【嫌いな宿題は何ですか?】

 

小学校・中学校・高校。十二年間に及ぶ学生生活の中で、もっとも嫌いな宿題を尋ねたとしたならば筆頭に来るのは、恐らく『読書感想文・作文・小論文』でしょう。

何せ、伝家の宝刀。『解りませんでした』が使えない。例え白紙のプリントを出そうがなんだろうが、数学や理科、国語の記述も含めて、「何故白紙?」 と先生から問いかければ、『解らなかったから』という言い訳が、まかり通ってしまうのが、学校です。

しかし、読書感想文や作文に関しては、これが利かない。

【言葉の奥底にある、本音

『解らなかった』という言葉には、

一応頑張ってやってみようとはしたんです。
努力はしたんです!!
でも、ずっと考えても
ちっともどう解いていいのか解らなくて。
ずっとプリント見ながら頑張ったんです。
でも、難しくて何一つ解けなかったんです!!

 

だから、許して……

というのが、たんまり入っているんですよね。自覚無いだろうけど。

でも、作文に『解らなかった』は、通用しません。

理由は簡単。課題の質問が……

『あなたの好きな事を書きましょう』
『人に親切にしたことがある人は、その経験を。なければ、どんな親切をどんな人にしたいのかをそれぞれ書きなさい』
『中学校・高校生活の中で、一番心に残っている事を書きなさい』etc.etc…

これ、『解る』『解らない』の範疇じゃない。

書かなかったら、
『考えてない』
『楽しい事を経験してない』
『心に残ったモノなどない』
と言う事になるのを、無意識に本能で察しているんでしょうね。

白紙で出すことは、『努力したくありません』という事を露呈することになるから、文字を頑張って埋めようと、皆かなり必死です。死に物狂いです。

だから、嫌いになる。

その場しのぎの、適当に嘘を並べたてて、兎に角やり過ごせれば良い。文字さえ埋まっていれば、宿題からは解放されるから、取り敢えず何でもいいからやってしまえと、書き殴る。

これで文章書くのが好きになる子がいるなら、逢ってみたいです。

【命令されると嫌になるけど、好きな事はやりたくなる?】

では、感想文を好きになる方法は、どんな方法でしょう?

書くとなるとハードルが高くなるかもしれませんが、それ以前の行動だったら、私達は毎日当たり前の様に自然にやっています。誰に命令されるわけでも無く、寧ろ楽しんでやっていることは、お喋り。人とのコミュニケーションです。

読書感想文というと大げさになりますが、、昨日観たドラマや映画の話だったら、
友達と延々しませんか?別段ドラマだけじゃなくて、サッカーとか野球とか、スポーツの話でも可。寧ろ、大歓迎。

誰かに自分が何が好きかを解って欲しくて、それの面白さを伝えたくて、解り合いたくて、問い掛けると、凄まじく喋る。テンポよく質問を間に挟んであげると、もう止まりません。延々喋っています。何にも文章書けない子が。

で、ちょっと仮定のお話。自分が伝えるドラマとか、映画とかを知らない子がそこに居たとします。そしたら、あなたはどうします?

【伝えたい誰か一人を、頭の中に置く】

目の前に友達が座っていて、たとえば去年ヒットした「君の名は」をまだ見てない子が居たとする。で、その子が「どんな風に面白かったの?」 と訊いてきたら……

まず、ざっくりとしたあらすじ伝えますよね。どちらかと言うと、話の内容って言うよりも設定とか状況とかを中心に。

具体的に言えば、主人公の性別とか、どんな性格しているとか、何歳だとか、見た目はこうだとか。そうして、誰と出逢ってどんなことが起きて、主人公達がどう感じたのか。で、自分が一番心が惹かれた台詞や行動がどんなものだったのか。

人は、自分の感情が揺れ動いたものは、その時の感動を解ってもらいたくて、
伝えたくて堪らなくなるんです。




スポンサーリンク



だから、話す。
だから、SNSでも感想をつぶやいたり、シェアしたりする。

何かに感動した時。人間は、それを誰かに伝えたくなる動物なんです。

【感想文は案外単純?】

それをそのまま書けば良いだけなんです。学校が求める様な、過度な良い子にならなくても良い。自分の感情に素直に。真っ直ぐに。唯、好きなものを、大好きな友達に伝えたいと思って、話しかけるように書いてみる。

作家やライター達が文を書く為に何に膨大な時間を割くか。それは、テクニックを高めることでも何でもなく、資料集めに彼らは時間をかけるのです。

どんなに料理の腕を持っているシェフでも、そこに食材が無ければ美味しい料理なんか作れません。材料が何より必要なんです。

文章におけるその材料は、単純です。あなたが何に心ひかれたか。何に感動したのか。その一点のみです。

書く前に自分に訊いてみてください。
あなたは、何が好きですか?
そして、それを誰に伝えたいですか?

此処まで読んで頂いて、ありがとうございました。

 






スポンサーリンク


コメントを残す