小説読解 魯迅「故郷」その6 ~鮮明だったものがぼやけていく物悲しさ~

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 鮮明だった銀の首輪の小英雄。くっきりと思いだされていたものが、途端にぼやけていく物悲しさを解説します。 そして、あれほど帰りたかった。20年来、心に描き、常に片時も忘れることのなかった故郷が名残惜しくなくなっていきます。何故、名残惜しくないのか。… 続きを読む

小説読解 魯迅「故郷」その5 ~失意の裏に隠れた封建社会の名残~

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 ルントーとの再会を果たした主人公「私」。けれど、感動の再会とは程遠く、大人になったが故の、身分や背景を色々考えてしまい、幼い時とは同じように話すことが出来なかったシーンです。 あくまでも主人公目線で書いてありますが、だからこそ目立たぬところに当然のように、むしろ良いことのように書いてある部分に、封建社会の名残があります。… 続きを読む

小説読解 魯迅「故郷」その1 ~暗い風景描写が指し示す意味~

こんにちは、文LBAOの松村瞳です。 中学校3年生で読む、魯迅の「故郷」 この小説は、とても暗く、淡々とした内容がずっと続いたり、あまり好感を持てない人々がキャラクターとして登場することもあって、中学生たちには難問な小説になるのですが、難しいと言う事は、これが読めると実力が付くと言う事です。… 続きを読む

古文の女はツンデレ? テストに影響大 意外と知らない古典常識

皆さまこんにちは、文LABOの松村瞳です。 昨日のゲスに引き続き、今度はツンデレです。(通じるのかな……通じると信じて……(笑)) 平安時代の女性って、ヤマトナデシコの典型で、御姫様で、かわいくて、何にも知らなくて、たおやかで、優しくて……という、如何にもな評価が付きそうなんですが(まぁ、あの絵巻物の姿を見ていると、そんな雰囲気に思いたくなるのも解るのですが……)男性の皆様方。女性がそんなに大人しくしていると、思います?… 続きを読む

本当の失敗とは テストの点数を嘆く前にやること~漢文解説「論語」~子曰「過而不改、是謂過矣」

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 長い漢文が続いたので、ちょっくら今回は短めの物を。内容は、かなり胸をえぐりますが、結構この言葉っていつ、どんな時に耳にしても、「ああ、そうだよな」って納得できる部分が多いので、取り上げました。 今回は、失敗についての論語の言葉から。… 続きを読む