足るを知る~『小国寡民』老子~ 

小国寡民、とは小さい領土の国で、国民は少ない状態が理想である、という意味です。 普通、理想的な国家というと、領土は広く、人口は多ければ多いほど良い、というのが通常でしょう。人が多ければ、それだけ人手が増えるわけですから生産力が高まり、また、国土は広い方が資源を沢山有することが出来るから、豊かな国を実現しやすくなります。 だからこそ、古代の王から近代に続く国民国家まで、権力者たちは領土の拡大と民衆の増加を願ってきたわけです。… 続きを読む