国語力の低下の危機 2018年度 平成30年度 センター本試験国語 雑感

2018年度センター試験本誌が終わりました。 毎年、この時期にセンターの問題を分析するのですが、その感想と、問題の傾向。平均点からみる国語力の低下の原因を書きます。 是非、来年のセンターに向けて、準備はすでに始まっている時期なので、参考にしてみてください。… 続きを読む

結果が伴わない時~何のためにそれをしているのかを考える~

おはようございます。 センター試験を終え、恐らく今日は自己採点をし、多くの受験生が結果と向き合う時間です。想定内の結果を迎えた人もいれば、惨憺たる結果と直面する人もいるでしょう。 高校受験や就職試験などでも、結果が明確に出、それが自分の望むものではなかった場合。その結果をどう受け止め、そして、どう前に進んでいくのか。… 続きを読む

足るを知る~『小国寡民』老子~ 

小国寡民、とは小さい領土の国で、国民は少ない状態が理想である、という意味です。 普通、理想的な国家というと、領土は広く、人口は多ければ多いほど良い、というのが通常でしょう。人が多ければ、それだけ人手が増えるわけですから生産力が高まり、また、国土は広い方が資源を沢山有することが出来るから、豊かな国を実現しやすくなります。 だからこそ、古代の王から近代に続く国民国家まで、権力者たちは領土の拡大と民衆の増加を願ってきたわけです。… 続きを読む

運を味方に~運の神様に味方してもらう方法~

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 とうとう明日はセンター試験当日。今夜は眠れない人もいるでしょうし、緊張が襲ってくる瞬間もきっとあると思います。 それに、日本海側を襲った猛寒波。冬将軍さん、そんなに本気出さなくて良いですよと思いながらも、何故よりによって今週なのかと呪いたい気分になるのが、とてもよくわかります。毎年毎年、センターの前後って降りますよね。冬将軍さん、狙っているのかと思いたくなるぐらいです。… 続きを読む