鎮魂歌 レクイエムの意味

鎮魂歌、レクイエム…… 災害や人災。そして、戦争やテロなどで亡くなった人々の魂を慰める歌や曲。または、キリスト教で行われるミサの中で歌われる曲の一種。 レクイエムは、ラテン語で「安息を」という意味の語であり、死者の安息を神に願うカトリック教会のミサのこと。死者のためのミサで用いる聖歌です。… 続きを読む

選択に迷った時に決断する方法

こんにちは、文Laboの松村瞳です。 センター試験が終わり、点数が出て、希望大学の予備校判定が出て、進路に迷っている人は多いでしょう。大学生でも、そろそろ就職活動を始めている人がいる時期です。 どの会社にするのか。または、どの大学にするのか。… 続きを読む

結果が伴わない時~何のためにそれをしているのかを考える~

おはようございます。 センター試験を終え、恐らく今日は自己採点をし、多くの受験生が結果と向き合う時間です。想定内の結果を迎えた人もいれば、惨憺たる結果と直面する人もいるでしょう。 高校受験や就職試験などでも、結果が明確に出、それが自分の望むものではなかった場合。その結果をどう受け止め、そして、どう前に進んでいくのか。… 続きを読む

辛い時は成長している時 楽をしている時は落ちる時

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 調子良く点数が上がってきた子。もしくは、絶好調で上位に居た子が、急に崩れ落ちるように点が取れなくなってくる時が、指導していてもたまにあります。 単なる調子が悪かったから、とか、問題との相性とか、その時の体調とかいろいろ原因はあるんですが、実はもう点数が充分上がったから楽をする。という現象で点が下がる時があります。… 続きを読む

付き合ってはいけない人~古典にみる人づきあいのコツ~

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 毎年、生徒への試験対策で、センター模試や受験対策用に作られたテストの古典文章を読むのですが、その中で「ああ、本当にそうだな」と思うような文面に出会うことがあります。 やはり時代を経て残ってきた人々の言葉というのは、力があり、納得してしまうものが多くあります。… 続きを読む

本番で実力を発揮するために~周囲を敵ではなく、味方にしよう~

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 今日から受験生や学生だと学校の補講が始まる日ですが、センターまで、今日で10日を切りました。 本番が近付くと、どうしても肩に力が入ったり、緊張したり、プレッシャーがかかってきて体調がおかしくなってきたりと、色々問題が出でくるものですが、本番を飄々と、超余裕で迎えられたら良いんですけど、そうもいかないのが人間ですよね。… 続きを読む

今年こそ成績を上げたい人へ〜新年の正しい目標の立て方〜

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 今日は新年のエントリーらしく、正しく成績の上がる目標の立て方と題して、確実に成績がアップする勉強のやり方を書きます。 今年、何が何でも成績を良くしたい。努力してるのに成績が上がらない、時間を掛けているのに、点数が上がる実感がわかない。テストが怖くて仕方がない、と言う人は、何かを取り入れてみてください。… 続きを読む

いじめを乗り越えた先にあるもの いじめ克服までの道 その5

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 今日は少し体調が回復してきてからのお話です。少ししんどい作業になるので、きちんと体調が良い時を選んでやること。これは絶対です。やりたくても、体調が悪い時に行ったら却って逆効果なので、必ず体調の良い時。そして、朝の時間帯。出来るのならば、とっても晴れた良いお天気の時にしてください。 やってはいけないのは、体調最悪で夜。しかも、孤独な状態で、良く眠れず、頭痛などがしている時です。… 続きを読む