夏目漱石「こころ」14〜疑心暗鬼が導いた最後の決断〜

「こころ」解説、その14。 夜中の夢のような奇妙な問いかけから一転。先生は、もう大丈夫だと思っていた、Kの「覚悟」という言葉に、疑心暗鬼にかかります。 Kが口にした、「覚悟ならないこともない」という言葉。この言葉を、先生は「お嬢さんへの恋心を諦める覚悟」として考えていました。… 続きを読む