夏目漱石「こころ」23〜Kの恨み~

「こころ」解説その23。 先日に引き続き、Kの心を探っていきます。 Kが本当に先生を親友として信頼し、また経済的窮地を助けてくれた恩人として恩を感じていたのならば、迷惑にならない様な自殺の方法を選ぶ筈だし、またそんなことを考えることも出来ない程に追い詰められていたのだとすれば、普段の様子が違っていたはずです。… 続きを読む

夏目漱石「こころ」22〜垣間見える執着心~

「こころ」解説その22。 今回は、Kの自殺が演出で有ったとして、先生の行動を予測し、恐らく自分の死んだ身体よりも先に遺書の方に行き、先ず自分の立場を確保する行動に出るだろう。 そして、ほっと安心した瞬間に自分の遺体と、その後ろに飛び散っているであろう血潮を見たとするのならば、先生はどのように感じるだろうか。どのような感情を抱き、これからを生きていくだろうか。… 続きを読む

夏目漱石「こころ」21〜Kの賭け~

「こころ」解説、その21。 この解説シリーズで一番長いものとなってしまいましたが(一応覚悟はしていたんですが、やっぱり長くなりました)、それだけこの小説には解説しなければならない部分が多いということです。 【難解小説の理解の楽しさ】… 続きを読む

夏目漱石「こころ」20〜Kの自殺の謎〜

「こころ」解説、その20。 今回からは試験対策ではありませんが、「こころ」という小説の謎に迫っていきます。 高校の授業で問われ、そして答えなければならないことは、「人は、鬼にも仏にもなる。その人の性質や性格ではなく、状況や環境が整ってしまえば、どれだけ良心を抱えていても、善良な人間だと自分で自覚していても、追い詰められれば道徳的に悪だと解っていることでも平気でやってしまう」ということ。… 続きを読む

夏目漱石「こころ」18〜Kの自殺・前篇〜

さて、「こころ」解説も18回。教科書の抜粋部分の最後の解説となります。 タイトルにもある通り、先生の友人であるこのK。あるひ、突然に自殺をしてしまいます。 そして、その自殺が、その後の先生の人生に暗い影を落とすのは、上、中で語られてきました。幸せになろうとしない、先生。… 続きを読む

夏目漱石「こころ」17〜ばれた裏切りとKの頬笑みの意味 〜

「こころ」解説その17。今回は、先生の裏切りがKばれてしまうシーンの解説です。 Kから、お嬢さんへの恋心を打ち明けられていたにも関わらず、彼にはその気持ちを学問の邪魔になるだろうと、諦めることを勧めておきながら、自分はその隙に目的を遂げてしまった。 その後ろめたさから、Kにこの話をできなかった先生。何故、打ち明けることができなかったのかも含めて、解説していきます。… 続きを読む

夏目漱石「こころ」16〜問題から逃げ続ける先生 〜

「こころ」解説、その16。 今回は、先生の結婚の申し出の後のシーンとなります。 「お嬢さんをください」と奥さんに頼み込み、そしてそのプロポーズがあっさりと受け入れられた後。先生は放心状態で散歩に出かけます。その際にお嬢さん本人ともすれ違いますが、結婚の申し出の事は自分の口からは一切出しません。他愛もないことを会話であいさつ程度に交わすのみ。… 続きを読む

夏目漱石「こころ」15〜 先生の告白とお嬢さんの気持ち〜

「こころ」解説、その15。 先生の結婚の申し込みの告白シーンです。決定的なKに対する裏切りのシーンでもあり、この告白が数十年後。今の先生を殺してしまう原因のひとつとなる、行動でもあります。 そして、この遺書は先生が昔の出来事を思い出しながら書いているので、あくまで先生の認識だけで書かれています。彼の感情。彼がどう受け止めたかだけに焦点が絞られているので、他の人間の感情が解りづらくなっていますが、少し想像力を働かせると分かるので、それも含めて解説します。… 続きを読む

夏目漱石「こころ」14〜疑心暗鬼が導いた最後の決断〜

「こころ」解説、その14。 夜中の夢のような奇妙な問いかけから一転。先生は、もう大丈夫だと思っていた、Kの「覚悟」という言葉に、疑心暗鬼にかかります。 Kが口にした、「覚悟ならないこともない」という言葉。この言葉を、先生は「お嬢さんへの恋心を諦める覚悟」として考えていました。… 続きを読む