古典を勉強するコツ 古典嫌い克服方法その4 鴨長明ってどんな人?

古典の筆者たちの背景を知ると、不思議とその文章に対して親近感がわくものです。どうせお堅い人生を送っているんだろう。もしくは何百年も残っている文章ならば、それだけ才能にあふれた人達なんだろうな、という思い込みが発生しているかもしれませんが、実はそんなことは無く…… 特に今日取り上げる鴨長明は、「なんか……苦しい人生だなぁ……」と思わずにはいられない人です。生きた時代が悪かったと言ってしまえばそれまでなんですが、悪い時期には悪いことが重なって起こり、それをまともに見てしまった故の、この文章なのかなと、思わずにはいられない人生です。 いつも思うのですが、鴨長明と吉田兼好。この二人の人生がもしも時代的に逆であったのならば、鴨長明はもっと楽に生きられたんじゃないのかなぁ……と思わずにはいられない。(逆に嫉妬しすぎて苦しむ場合も、あり得ますが……)… 続きを読む