偶然が支配する生死

テスト対策

小説読解 志賀直哉「城の崎にて」その6 ~まとめ 生きていること 死んでいること~

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 「城の崎にて」も、まとめとなります。 【蜂・ねずみ・いもりの死】 山の手線に轢かれ、九死に一生を得た主人公は、療養のために城崎温泉を訪れます。そして、約3週間。死について、一人...
テスト対策

小説読解 志賀直哉「城の崎にて」その5 ~この世は生死さえも偶然で出来ている~

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 今回は、三つめの「死」との出会い。いもりです。 【何気ない場所で出会ったいもり】 だんだんとうす暗くなってきた。いつまで行っても、先の角はあった。もうここらで引き返そうと思った。(本文...

This site is protected by wp-copyrightpro.com

タイトルとURLをコピーしました