ミロのヴィーナス 解説その1


スポンサーリンク

今回から、高校現代文の芸術論の基礎。基本とも言うべき、清岡卓行さんの「ミロのヴィーナス」を解説します。

両腕を失ったミロのヴィーナス。

ヴィーナスとは、美の女神のことです。

人は完全なものを美しいと思ってしまうけれど……

【古典と共通する芸術論】

この、芸術論。

実は、古典のある文章で、非常に似たような同じ論旨のことを述べている人が居ます。

それは、徒然草の兼好法師。

参照⇒徒然草「花は盛りに」をわかりやすく解説その1~花見の仕方であなたの人格がばれる~ 

徒然草「花は盛りに」をわかりやすく解説その2~すてきな恋とは~ 

徒然草「花は盛りに」をわかりやすく解説その3~友達のありがたさ~

徒然草「花は盛りに」をわかりやすく解説その4~教養の浅い人とは~

約700年前の法師と、現在の評論家が全く同じ様なことを述べている。切り口は全く別なのですが、「完璧なものが美しいのではなく、欠けているものこそ、美しい」という趣旨は全く同じものです。

けれど、芸術論と聞くとハードルが上がってしまうのか、殆どの生徒たちはこの文章を読むのをとても嫌がります。

けど、要は何を美しいと人は思うか、って事なので、そんなに肩肘張らずに読んでみましょう。芸術論って、意外に面白いです。

と言うより、人の美意識って面白いなぁ、って思いながら読むと、案外いいかも知れない。

人って、1000年くらいでは、物の考え方や感じ方って、全く変わらないんだなって事が、良く理解できます。

では、本文です。

【第1段落】

-石像が実際の人のように魅力的な存在であること-

ミロのヴィーナスを眺めながら、彼女がこんなにも魅惑的であるためには、両腕を失っていなければならなかったのだと、ぼくはふとふしぎな思いにとらわれたことがある。(本文より)

はい、びっくり論旨がしょっぱなに来ました!

欠けている方が美しい。

ミロのヴィーナスを、「彼女」という風に呼んでいるのもそうですが、えーと、筆者の清岡さんにとっては、「彼女」と言いたくなるぐらい、ミロのヴィーナスが特別なんですよね。

えっ?? ただの石像を「彼女」って、キモイ!!

これ、実際の生徒が率直に言ってくれた言葉です。うん、本音をありがとう。

嫌味でも何でもなく、ちょーっと危ない表記の仕方だったりするんですが、これに気付けるって事は文章が良く読めている証拠です。で、筆者は危なくもなんともありません(笑)(すみません……)

それだけ、ミロのヴィーナスの美しさに、惹かれた。魅力的だった。心を捉えて離さなかった。

それだけのことです。

で、そういう存在って、人にはそれぞれあるものです。

まぁ、俗に言うオタクと呼ばれる人たちは、解る感覚なのではないかなと。

漫画やゲーム、アニメの作られたはずのキャラクターを、まるで実在するかのように話したり、思い浮かべたりする事ってある筈だし、架空の存在を身近に感じたり、または今現在の社会なら、ロボットを妙に可愛いと思ったり、Siriの受け答えで遊んだり、人間じゃない存在でも、心惹かれれば人は大事な存在になります。

それが筆者にとって、ミロのヴィーナスだった。ただ、それだけのことです。




スポンサーリンク


-欠損した姿が美しい-

そして、特徴的なのは、筆者が心惹かれているのは、両腕を無くしたミロのヴィーナスです。

こんなにも魅惑的であるため、と本文に書かれていることから、筆者の頭の中では、

両腕がないヴィーナス両腕がある完全なヴィーナス

ということが、解ります。

普通、美術品って完成された姿を美しい、とするのが本来であるはずです。

なのに、筆者はそれを真っ向反対の姿勢を取っている。常識論、一般論の否定です。

と言うことは、この常識とは新しい視点。と言うことになります。

物の見方の新しい視点です。

完璧が良いわけではない。

完成された姿が、最も美しいわけではない。

さて、何故そう言えるのか。

【第2段落】

-ミロのヴィーナスの説明-

第2段落の冒頭では、ミロのヴィーナスがどのような経緯で生まれ、何世紀に発掘されたのかを書かれています。

19世紀に農民の手で掘り出された像なんですよね。

農民さんもびっくりしただろうなぁ。と、ちょっと的外れなことを思ってしまいます。

日本的に考えると、田んぼ作ろうと土を掘っていたら、仏像が出てきた、ぐらいの感覚でしょうか。

-時代を超えるために無くした両腕-

彼女はその両腕を、自分の美しさのために、無意識に隠してきたのであった。よりよく国境を渡って行くために、そしてまた、よりよく時代を超えて行くために。(本文より)

はい、なんのこっちゃら良く解らない部分がやってきました。

自分の美しさのために、無意識に隠した???

石像が?? 意志を持たない存在が???

と、疑問が頭にぶわっっ!! と浮かびそうな勢いですが、先ほど言ったように、筆者にとっては、ミロのヴィーナスは人と同じ存在です。

彼に美しさを教えた存在、とも言えます。

ならば、何故、「彼女」が腕を無くすことが。無意識に、隠してきたことが、時代をこえ、国境を超える事に繋がったのか。

ここではまだ、その理由は明らかにされていません。明らかにされていないから、ここでは解答を無理矢理出さない。

大丈夫。

続きに必ず解答が出てきます。

ここで大事なのは、時代や国境を超えるために。つまり、現代に残るために、ミロのヴィーナスは両腕を無くす必要があった、と言うこと。

そこを確実に押さえてください。

事実はどうあれ、少なくとも、筆者はそう考えている。

それを、一応受け止めておく。

-特殊から普遍へ-

このことは、特殊から普遍への巧まざる跳躍であるようにも思われるし、また、部分的な具象の放棄による、ある全体性への偶然の肉迫であるようにも思われる。(本文より)

はい、来ました!! 抽象論のオンパレード!!

こういう文章がくると、皆、教科書放り投げたくなる部分です。

けれど、ちょっと耐えて頑張ってみましょう。

特殊、って、特別です。普通とは違う。変、皆とは違っている、と言うこと。

だから、その特殊性が受け止められるのは、一部だったりするし、時代の流れの特殊な一時期だったりします。

一部のファンに熱狂的に人気のあるバンドとか、ありますよね。それと一緒。

逆に、普遍って何なのか。

これは、時代や年代を超えて、全ての人に広く通じるものです。

だから、時代が変わっても通じるものだったり、全ての人々に愛されるもの。当たり前に存在しているもの、の意味。

例えば、特殊なのが、今現在人気なバンドの曲、だったりするならば、普遍的に愛される曲、と言うのは、童謡の「ふるさと」だったり、「さくらさくら」だったりの曲。

たとえ一部の人に熱狂的に愛されていても、そのファンを除けば、知っている人は少ないのが特殊ならば、「ふるさと」や「さくらさくら」は、日本人であればだれもが知っていて、子どもから老人まで皆が一緒に歌え、更にそれは百年後も変わらないと思えるものです。

なので、

特殊=両腕がちゃんとあるミロのヴィーナスの美しさ。

普遍=両腕が欠けているミロのヴィーナスの美しさ。

と、読みかえる事ができます。

両腕を失ったことで、ミロのヴィーナスは、普遍的な美しさ。つまり、永遠的な美しさを持つことが可能になったと言うのです。

 

何で???

 

となりますよね。

その続きはまた明日。

ここまで読んで頂いてありがとうございました。

 

続きはこちら⇒ミロのヴィーナス 解説その2

 


スポンサーリンク



コメントを残す