文学の仕事

文学の仕事 解説まとめと試験対策

加藤周一さん著「文学の仕事」の解説まとめと、テスト対策用の要点まとめをします。 テスト前にさくっと確認したい方は、ここからどうぞ。
文学の仕事

文学の仕事 解説その5 自分の目の前の他者を 抱きすくめることの意味

文学の仕事 解説その5 今回は15段落から17段落までの解説です。 人が自分の命をなげうってまで証明したいことは何なのか。そして、文学の本当の力とは、何なのか。解説していきます。
文学の仕事

文学の仕事 解説その4 全体に働きかけるための「一人の証人」の存在意義とは

加藤周一さん著 「文学の仕事」 解説その4 今回は、「巨匠」という木下順二さんの舞台の物語の中に登場する、ある老人の理解不明な行動から、アイデンティティの確立と人間の社会性を解説します。
文学の仕事

文学の仕事 解説その3 一人の少年の運命が全体の運命に繋がる意味


文学の仕事

文学の仕事 解説その2 目の前で苦しんでいる牛を助ける意味

加藤周一さん著。「文学の仕事」解説、その2。 解説その1では、文学がなぜ必要なのかを解説しました。 文学は人生の目的を決めるために。それを言葉で明確に表せるようになるために、必要なものになります。 目的が決...
文学の仕事

文学の仕事 解説その1 文学がなぜ必要なのか

現代文B 加藤周一さんの「文学の仕事」を解説いたします。その1。今回のテーマは、「なぜ文学が必要なのか」
イベント告知

イベント告知 古民家で梅を愛でながら和歌を詠もう at 巣鴨 古民家かのう

ちょっと時季外れの冬将軍様が猛威を振るっておりますが、暦の上では立春も過ぎ、季節は春です。 今月末に、風情のある日本家屋でお庭の梅を愛でながら、和歌を詠み合うイベントのお知らせです。 (主催 健康古民家かのうさん  千石たまご荘...
古文解説

蜻蛉日記 「うつろひたる菊」解説

蜻蛉日記「うつろひたる菊」解説。 (教科書によっては、「嘆きつつ」というタイトルがついている場合もあります。) 作者は藤原道綱の母、という名前が残っていない女性なのですが、日本史上、初の女性の手による日記文学であり、平安期を代表する...
センター試験対策

センター試験直前に結果が出る国語勉強法3選

センター試験直前に、確実に結果が出る国語の勉強法を3つ、具体的に説明します。どうしても点数が上がらない。上がっても安定しない。そもそも国語の勉強法が解らない人向けです。
未分類

「古典の裏」令和元年10月発売!!

ブログで解説を続けていた、面白古典解説が、本になりました。

This site is protected by wp-copyrightpro.com

タイトルとURLをコピーしました