流れてやまないもの

水の東西

水の東西 解説 その1

「鹿おどし」を入り口にして、流れ続けている水の流れをいったん止め、音でリズムを作り出すことによって、流れてやまないもの。自然を強く意識させる仕掛けの説明を具体的にしていきます。

This site is protected by wp-copyrightpro.com

タイトルとURLをコピーしました