第2段落

枕草子

枕草子「宮に初めて参りたる頃」その2古文解説

枕草子「宮に初めて参りたる頃」の解説その2。 今回は、第2~3段落の途中までです。枕草子では、超絶カッコいい貴公子として登場する、伊周の訪れです。 この枕草子を読んだ後に、大鏡の伊周の姿を読んでみると、如何に清少納言がひいきで書...
ファンタジー・ワールドの誕生

ファンタジー・ワールドの誕生 解説その1

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 【イントロダクション】 今日から、高校現代文の評論文解説。今福龍太さんの「ファンタジー・ワールドの誕生」を取り上げます。 評論文って、全く感情が読めなくて、無機質で嫌だ!! という意見や感想を...

This site is protected by wp-copyrightpro.com

タイトルとURLをコピーしました