深夜に楽しむ 「オトナの源氏物語」 解説講座

秋の夜長ならぬ、春の夜長の今日この頃ですが、家の中で過ごすしかない期間ならば、時間はたっぷりとあるので、オトナの方への解説授業のお知らせです。

古典を必要としているのは意外とオトナ?

「こんな先生に教えてもらいたかった」の声

「古典の裏」を読んでいただいた方たちに良くいただく感想の声は、

「古典がこんなに面白かったなんて」

「もっとちゃんと読んでおけばよかった」

「高校生の時に聞きたかった」

という、オトナの声。

実際、古典を勉強する中学生や高校生のときには、とにかく試験・受験で、落ち着いて読み込む時間などありませんし、「何の役に立つんだよ!!」の古典文法の問題が目白押し。

それでも古典好きになれる(変態?)のなら問題はありませんが、それはものすごく稀。けれど、やっとオトナになって思うことは、「もっと読んでおけばよかったなぁ」という後悔だったりします。

教養はいつでも身につけられる

受験勉強とは全く関係がなくても。いや、むしろその方が古典は楽しめます。純粋に読み物として、物語としての面白さに満ち満ちているので、むしろオトナの方が楽しめるかもしれません。

オトナの「源氏物語」解説とは

今回取り上げる「源氏物語」が千年も読み継がれてきたのは、学校教育が課題として押しつけてきたからではありません。

純粋に「面白く」また、男女の「恋物語」だからこそ、読み継がれてきたのです。

なので、実は学校で高校生に読ませられないシーンというのも、あるにはあります(笑)学校では、そんなことには触れられないので、「つまらない」となってしまうのですが、今回は違います。なにせ、オトナですから。(笑)

何故、紫式部は「源氏物語」を書いたのか

せっかくなので、今回は誰もが一度は読んだ「源氏物語」の冒頭から始めます。

作者・紫式部の人となりと、どのような人生を歩み、彼女が「光源氏の君」という色男を作り出したきっかけを得たのか。

冒頭の「いづれの御時にか~」を読み進めながら、「古典の裏」には書かなかったことを、解説していきます。

どうせ自粛で待機ならば、その間に楽しみながら教養を身につけよう

教養は本来楽しみながら身につけるものです。

自粛=制限、ととらえてしまうと精神的にもつらくなりますが、オンラインならば全国どこでも、授業参加が可能であり、また他者にうつす心配も、うつされる危険性もありません。

古典を読むのがつらい。文章を読むのが、一人だと集中力が続かない。話は楽しみたいけど、古文を読むのはハードルが高すぎる……

そんな方のための、解説授業です。

対象年齢

20歳以上から100歳↑まで
(大変申し訳ありませんが、十代はご参加をお断りいたします(笑))

オンライン解説受講に必要なもの

・授業はインターネットを通じて受講できます。パソコン・スマートフォン等で動画を視聴できる通信環境が必要です。(※)

・Web用カメラが付いているパソコン、タブレット、スマートフォン

・授業アプリであるZoomをダウンロード出来る端末
(授業参加のため、カメラやマイク機器のアクセスを可能にして、受講して下さい)

(※4G、LTEなど、携帯電話回線で授業を受講されると、パケット料金が発生します。Wifi環境での受講を推奨いたします。)

講義日程

第1回目 2020年4月10日(金曜日) 21時30分~

終了いたしました。
ご参加ありがとうございました。

第2回目 2020年5月16日(土曜日) 21時30分~

講義内容 類友? 源氏の友達ってどんなゲス男?

裏のテーマは……

・源氏ってそもそもどんな恋愛観を持っていたの?
・類は友を呼ぶけど、源氏の生涯の友人、頭の中将ってどんな人?
・平安時代の男って、どんな考え方してたの?

21時30分~22時30分(授業時間60分予定)

受講料金¥2000 

終了いたしました。
ご参加ありがとうございました。

第3回目 2020年5月23日(土曜日) 21時30分~

講義内容 勝つのはどっち? 愛人VS正妻

裏のテーマは……

・呪いで人が殺せるの?
・呪いの歴史。
・ちなみに愛人と正妻が争っているけど、その間、当の源氏は何してた?

の三本です。

21時30分~22時30分(授業時間60分予定)

受講料金¥2000
お支払いは、↓のボタンから。
(お支払いは、ペイパル決済(クレジットカード、銀行振り込み対応)のみとなります)




 

参加手順

  1. 上記の日程から御希望日の「今すぐ購入」ボタンより、お支払い手続きを完了
  2. 参加者登録のフォーム画面へと移動。
    (もし、お支払いをしたのに、登録ページへと移動しなかった場合、こちらからお問い合わせください。)
  3. フォームに必要事項を書き込み、送信。
  4. 授業参加の詳細が、メールでお手元に届きます。
  5. 当日、授業に参加。
 

何か解らないことがありましたら、こちらからお問い合わせください。

This site is protected by wp-copyrightpro.com

タイトルとURLをコピーしました