ナチ

文学の仕事

文学の仕事 解説その4 全体に働きかけるための「一人の証人」の存在意義とは

加藤周一さん著 「文学の仕事」 解説その4 今回は、「巨匠」という木下順二さんの舞台の物語の中に登場する、ある老人の理解不明な行動から、アイデンティティの確立と人間の社会性を解説します。

This site is protected by wp-copyrightpro.com

タイトルとURLをコピーしました