賢者は歴史に学ぶ~受験で成功するために必要なこと~

私の好きな言葉に、「賢者は歴史に学び、愚者は己の経験に学ぶ」という格言があります。 この言葉を好んで引用した人は、初代ドイツ帝国宰相。鉄のビスマルクで有名な、オットー・フォン・ビスマルク。 愚者。つまり、愚か者は自分の経験したことだけで、学べると思い込んでいる。… 続きを読む

不合格は失敗か それとも成長か

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 受験シーズンの終了とともに、多数の合格者が出ます。しかし、合格者が居る、ということは、不合格者も出る、という事実。 なので、今日は少し、以前教えた生徒の受験を振り返りながら、不合格が決して悪いものではない、ということを説明したいと思います。… 続きを読む

受験を経験することで身に付くもの 3っ

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 大学後期試験の合格発表日である今日。合格を手にした受験生の皆さま、本当におめでとうございます。そして、挑戦に敗れた人は、今は思いっ切り泣いてくだい。頑張った分、辛いのは当たり前です。 だから、その辛いという気持ちを、先ず、今は受け止めてください。大丈夫。受験であなたの人生全てが決まったわけでも、終わったわけでも有りません。… 続きを読む

受験に落ちる人の特徴 受験当日の態度を振り返ろう

3月も半ばを過ぎ、そろそろ大学受験、高校受験、中学受験共に、結果が出ている時期。 大学後期試験の結果もぼちぼち出ている時期でしょうか。 合格した方は、本当におめでとうございます。そして、結果として不合格。若しくは、第一志望に合格することが出来なかった人。… 続きを読む

受験や資格試験に落ちる人の特徴3つ

本日、2月25日は国立大学の入学二次試験が行われています。 もう既に終わって、ひと安心、という人も居れば、どうしよう。どう考えても失敗した、と頭を抱えている人。様々な人がいるでしょう。 この日を迎える為に、努力をし、人によっては長時間。それこそ、10時間やそれ以上の勉強時間を確保して試験に挑んだ人も、居ると思います。… 続きを読む

平均的能力から難関大に合格する人の特徴5つ~祝・阪大AO入試合格~ 

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 今日はちょっと予定を変更して(「こころ」の続きは、明日からまた続けます。)嬉しい合格報告が届いたので、合格する人の特徴を5つ、まとめてみたいと思います。 本日、2月7日に合格通知を貰ったのは、大阪大学のAO入試組です。… 続きを読む

結果が伴わない時~何のためにそれをしているのかを考える~

おはようございます。 センター試験を終え、恐らく今日は自己採点をし、多くの受験生が結果と向き合う時間です。想定内の結果を迎えた人もいれば、惨憺たる結果と直面する人もいるでしょう。 高校受験や就職試験などでも、結果が明確に出、それが自分の望むものではなかった場合。その結果をどう受け止め、そして、どう前に進んでいくのか。… 続きを読む

足るを知る~『小国寡民』老子~ 

小国寡民、とは小さい領土の国で、国民は少ない状態が理想である、という意味です。 普通、理想的な国家というと、領土は広く、人口は多ければ多いほど良い、というのが通常でしょう。人が多ければ、それだけ人手が増えるわけですから生産力が高まり、また、国土は広い方が資源を沢山有することが出来るから、豊かな国を実現しやすくなります。 だからこそ、古代の王から近代に続く国民国家まで、権力者たちは領土の拡大と民衆の増加を願ってきたわけです。… 続きを読む

運を味方に~運の神様に味方してもらう方法~

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 とうとう明日はセンター試験当日。今夜は眠れない人もいるでしょうし、緊張が襲ってくる瞬間もきっとあると思います。 それに、日本海側を襲った猛寒波。冬将軍さん、そんなに本気出さなくて良いですよと思いながらも、何故よりによって今週なのかと呪いたい気分になるのが、とてもよくわかります。毎年毎年、センターの前後って降りますよね。冬将軍さん、狙っているのかと思いたくなるぐらいです。… 続きを読む