古典解説

古文解説

蜻蛉日記 「うつろひたる菊」解説

蜻蛉日記「うつろひたる菊」解説。 (教科書によっては、「嘆きつつ」というタイトルがついている場合もあります。) 作者は藤原道綱の母、という名前が残っていない女性なのですが、日本史上、初の女性の手による日記文学であり、平安期を代表する...
更級日記

漫画に夢中になる主人公 更級日記解説「『源氏』の五十余巻」

更科日記「『源氏』の五十余巻」の解説、現代語訳と、重要文法解説付き。身近な人々に去られた作者は、その悲しみをいやすために、物語の世界へと更に没頭していきます。
古文解説

古典解説~仁和寺にある法師~エリートが陥りやすい罠

中学2年の国語で読む仁和寺の法師。徒然草の中でも有名なお話ですが、この単純な法師の失敗談の裏側には、エリートの陥りやすい心理が見えてきます。

This site is protected by wp-copyrightpro.com

タイトルとURLをコピーしました