君子危うきに近寄らず

テスト対策

小説読解 芥川龍之介「羅生門」その6 まとめ~人は善悪・表裏一体の存在であるという事~

小説「羅生門」のまとめと同時に、芥川龍之介という小説家が描きたかった人間の姿という物に焦点を合わせて解説いたします。思考は現実化する、という有名な言葉がありますが、下人はそれを体現しているような男です。 盗人になるより仕方がないと考えていたことが、紆余曲折を経て現実になってしまう。その現実化してしまった時間は、たった数時間です。
コミュニケーション術

裏切りの構造 その2  環境で人は豹変する恐怖 この人だから大丈夫は大ウソの理由

【スタンフォード監獄実験】 1970年代に、アメリカ国内だけでなく、世界的な有名なスタンフォード大学で行われた心理学の実験です。心理学者の重鎮でもある、フィリップ・ジンバルドー博士が行ったもので、刑務所を模した倉庫で、普通の人間が特殊な環境下に置かれてしまうと、どう心理状況が変化し、どのような行動をしてしまうかを試した実験でした。

This site is protected by wp-copyrightpro.com

タイトルとURLをコピーしました