国語総合

知の体力

知の体力 おまけ 学生時代に落ちこぼれた方が良い理由

「知の体力」の著者 永田和宏さんの面白い記事を見つけたので、ご紹介。 (知の体力 解説その1 その2 その3) 若い人は一度、「落ちこぼれ」を経験せよ 京大名誉教授からのアドバイス 【落ちこぼれを経験した方が後から良くなる】 -何故落ちこぼ...
知の体力

知の体力 解説 その3 まとめ

「知の体力」解説のまとめです。(まとめを読む前に⇒解説 その1 その2) 【評論文の基本パターン】 -起承転結のうちわけ- 評論文の論理展開の基礎として、「起承転結」というルールを先ず、頭の中に入れましょう。 起⇒導入部...
知の体力

知の体力 解説 その2

知の体力 解説 二回目です。 【前回のまとめ】 まずは、前回のおさらいです。 -「学ぶこと」は目的のためにするものなのだろうか、という問題提起- 学ぶこと。学問、勉強は、現代社会ではあまりにも目的と密接にかかわり合っています。 ...
知の体力

知の体力 解説 その1

今回から、数研出版の国語総合 現代文編に収録されている永田和宏さん著の「知の体力」を解説します。 高校1年生が最初に読む文章として選ばれている評論文ですが、内容はいたって簡単な構成となっています。 【評論文の構成】 -一般論の呈示...
水の東西

水の東西 解説 その1

「鹿おどし」を入り口にして、流れ続けている水の流れをいったん止め、音でリズムを作り出すことによって、流れてやまないもの。自然を強く意識させる仕掛けの説明を具体的にしていきます。

This site is protected by wp-copyrightpro.com

タイトルとURLをコピーしました