Kの恋心

こころ

小説読解 夏目漱石「こころ」12 〜先生の卑怯な行為とKの覚悟〜

「こころ」解説、その12。 今回は 大修館書店発行では、192p上段~ 筑摩書房発行では、165p下段~ 小説の段落番号 42のシーンからです。 居直り強盗のごとく、開き直ったように見えたK。そのKが続くシーンでどのような会話を先生と交わしたのか。 そして、先生はどんな卑怯な行為を行ったのか。 続きを読んでみましょう。
こころ

小説読解 夏目漱石「こころ」11~エゴに満ちた見せかけの善意~

「こころ」解説その11。今回は、昨日の続きのシーンです。 この場面は多くの定期テストで取り上げられるシーンであり、この小説のクライマックスに向けてのターニングポイントであり、大きな謎に満ちているシーンでもあります。
こころ

小説読解 夏目漱石「こころ」その7~Kの謎めいた行動~

「こころ」解説、その7. 今回は、Kの謎めいた行動に対して、まとめてみます。 今回取り上げる部分は、大修館書店発行の教科書には載っておらず、筑摩書房発行の教科書には157p~から掲載されている部分です。

This site is protected by wp-copyrightpro.com

タイトルとURLをコピーしました