賢者は歴史に学ぶ~受験で成功するために必要なこと~

私の好きな言葉に、「賢者は歴史に学び、愚者は己の経験に学ぶ」という格言があります。 この言葉を好んで引用した人は、初代ドイツ帝国宰相。鉄のビスマルクで有名な、オットー・フォン・ビスマルク。 愚者。つまり、愚か者は自分の経験したことだけで、学べると思い込んでいる。… 続きを読む

不合格は失敗か それとも成長か

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 受験シーズンの終了とともに、多数の合格者が出ます。しかし、合格者が居る、ということは、不合格者も出る、という事実。 なので、今日は少し、以前教えた生徒の受験を振り返りながら、不合格が決して悪いものではない、ということを説明したいと思います。… 続きを読む

受験を経験することで身に付くもの 3っ

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 大学後期試験の合格発表日である今日。合格を手にした受験生の皆さま、本当におめでとうございます。そして、挑戦に敗れた人は、今は思いっ切り泣いてくだい。頑張った分、辛いのは当たり前です。 だから、その辛いという気持ちを、先ず、今は受け止めてください。大丈夫。受験であなたの人生全てが決まったわけでも、終わったわけでも有りません。… 続きを読む

受験に落ちる人の特徴 受験当日の態度を振り返ろう

3月も半ばを過ぎ、そろそろ大学受験、高校受験、中学受験共に、結果が出ている時期。 大学後期試験の結果もぼちぼち出ている時期でしょうか。 合格した方は、本当におめでとうございます。そして、結果として不合格。若しくは、第一志望に合格することが出来なかった人。… 続きを読む

受験や資格試験に落ちる人の特徴3つ

本日、2月25日は国立大学の入学二次試験が行われています。 もう既に終わって、ひと安心、という人も居れば、どうしよう。どう考えても失敗した、と頭を抱えている人。様々な人がいるでしょう。 この日を迎える為に、努力をし、人によっては長時間。それこそ、10時間やそれ以上の勉強時間を確保して試験に挑んだ人も、居ると思います。… 続きを読む

夏目漱石「こころ」17〜ばれた裏切りとKの頬笑みの意味 〜

「こころ」解説その17。今回は、先生の裏切りがKばれてしまうシーンの解説です。 Kから、お嬢さんへの恋心を打ち明けられていたにも関わらず、彼にはその気持ちを学問の邪魔になるだろうと、諦めることを勧めておきながら、自分はその隙に目的を遂げてしまった。 その後ろめたさから、Kにこの話をできなかった先生。何故、打ち明けることができなかったのかも含めて、解説していきます。… 続きを読む

夏目漱石「こころ」16〜問題から逃げ続ける先生 〜

「こころ」解説、その16。 今回は、先生の結婚の申し出の後のシーンとなります。 「お嬢さんをください」と奥さんに頼み込み、そしてそのプロポーズがあっさりと受け入れられた後。先生は放心状態で散歩に出かけます。その際にお嬢さん本人ともすれ違いますが、結婚の申し出の事は自分の口からは一切出しません。他愛もないことを会話であいさつ程度に交わすのみ。… 続きを読む