死と向き合う

死と向き合う

死と向き合う 解説その6 まとめ

「死と向き合う」解説六回目。 全体のまとめとなります。 【まとめをする前に】 毎回、評論文の最後にはまとめを書いているのですが、読み終わった後、必ず自分でまとめる癖を付けてください。 解らない事を調べたり、言い換えたり、自分...
死と向き合う

死と向き合う 解説その5

死と向き合う 解説 5回目です。 【前回までのまとめ】 -希望のありかは、生そのもの自体- 重篤患者の望む、「希望のもてる説明を!」という要望に対する答は、「希望」というものの存在がどこにあるのかをはっきりしなければ、答が導き出せませ...
死と向き合う

死と向き合う 解説その4

死と向き合う 解説、その4です。 【前回までのまとめ】 -死に向き合う患者が望む希望- 医療従事者が直面する、助けられない患者が迎える死の瞬間まで、人間はどうやったら希望をもって生きる事ができるのか。 私たちは全て、生きているか...
死と向き合う

死と向き合う 解説その3

死と向き合う 解説、三回目です。 【前回までのまとめ】 -患者が医療に望む希望- 命の危険にさらされるほどの重篤な病にかかった場合。 自分の「死」と、その命が尽きるまで向き合い続ける患者が望む希望とは、一...
死と向き合う

死と向き合う 解説その2

「死と向き合う」 解説、二回目です。 この論文は、確かに高校の教科書に掲載されている文章ですが、読む上で多くのヒントを私たちに齎してくれます。何故ならば、私たちは等しく平等に必ず死ぬからです。 それから逃れられないのならば、「死...
死と向き合う

死と向き合う 解説その1

今回から、筑摩書房精選現代文Bの清水哲郎さん著「死と向き合う」を解説として取り上げます。 哲学者である筆者が、丁寧に「死」というものはどういうものなのか。それを考えた過程も含め、書かれた評論文です。 【逆説的な論理】 -「死」を考...

This site is protected by wp-copyrightpro.com

タイトルとURLをコピーしました