城の崎にて

テスト対策

小説読解 志賀直哉「城の崎にて」その6 ~まとめ 生きていること 死んでいること~

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 「城の崎にて」も、まとめとなります。 【蜂・ねずみ・いもりの死】 山の手線に轢かれ、九死に一生を得た主人公は、療養のために城崎温泉を訪れます。そして、約3週間。死について、一人...
テスト対策

小説読解 志賀直哉「城の崎にて」その5 ~この世は生死さえも偶然で出来ている~

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 今回は、三つめの「死」との出会い。いもりです。 【何気ない場所で出会ったいもり】 だんだんとうす暗くなってきた。いつまで行っても、先の角はあった。もうここらで引き返そうと思った。(本文...
テスト対策

小説読解 志賀直哉「城の崎にて」その4 ~「人と違う」という孤独~

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 今回は、「城の崎にて」の四回目。 作者、志賀直哉の孤独についての解説です。 【天才であるが故の孤独】 短い部分ですが、最後のいもりの死に直面する前。主人公は一枚の葉に意識を奪われ...
テスト対策

小説読解 志賀直哉「城の崎にて」その3 ~自分の死の瞬間は、どのように迎えたいか~

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 死に親しみを感じている主人公の私。特に主人公が親しみを感じているのは、「死」の静けさです。静かで、停止しているのが良い。その静かに、動かない事が寂しいのだけれども、何となく気持ちが安らぐような気が...
テスト対策

小説読解 志賀直哉「城の崎にて」その2 ~蜂の死~

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 まずは、昨日のおさらい。 【死に親しむ、とは】 生死の境を体験したら、何かが変わるだろうな…… 例えば、自分が自動車事故に遭ったり、地震などの災害に遭ったとしたならば、何か生きることにし...
テスト対策

小説読解 志賀直哉「城の崎にて」その1 ~死に直面した人間の心理~

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 今回は、その文章の簡潔さ、そして描写の正確さから、「小説の神様」とまで評された志賀直哉の作品。「城の崎にて」の解説を取り上げます。 (Amazonに繋がります) 【日々の平...

This site is protected by wp-copyrightpro.com

タイトルとURLをコピーしました