2017-09

テスト対策

小説読解 ヘルマン・ヘッセ「少年の日の思い出」その5~行動の矛盾を読み取る~

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 言っていることとやっていることが違う人って、たまに居ますよね。 勉強したい、と言っていて、実は全然やっていななかったり、嫌いと言いつつも一緒に居たり、別に面白くないと言いながらも、動画をずっ...
テスト対策

小説読解 ヘルマン・ヘッセ「少年の日の思い出」その4~主人公と対立する人間の意味~

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 突然ですが、皆さま、嫌いな人って居ますか? いっつも嫌味を言ってくる人。正論ばっかり振りかざして、攻め立てる人。猫なで声ですり寄ってくるクラスメイト。媚を売る人。強者に阿る人。権力を振りかざ...
テスト対策

小説読解 ヘルマン・ヘッセ「少年の日の思い出」その3~主人公の人格を推察する~

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 子供たちは読解能力と言うと、途端に目を曇らせるけれど、「人の気持ちや性格を早く理解することが出来る力」というと、目を輝かせます。 中学生になってくると、複雑な人間関係や、自分という自我の芽生...
テスト対策

小説読解 ヘルマン・ヘッセ「少年の日の思い出」その2~態度から心を読む方法~

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 「少年の日の思い出」その2。 ヘルマン・ヘッセというと、「車輪の下」がとても有名ですが、その小説の中でも周囲から理解されず、そして周囲の価値観に振り回され、それに合わせようともがき苦しむ人間...
テスト対策

小説読解 ヘルマン・ヘッセ「少年の日の思い出」その1~情景描写の役割~

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 今度は中学校一年生で読むヘルマン・ヘッセの「少年の日の思い出」を読解してみます。 この作品。読むのは13歳の時期ですが、入っている内容はヘッセらしい、とても残酷な面に彩られた、それで...
テスト対策

小説読解 太宰治「走れメロス」その11~まとめ 太宰治の人間性~

皆さま、こんにちは。文LABOの松村瞳です。 長々続いた「走れメロス」。道徳的な読み方とは程遠い読み方や解釈をしていますが、不思議と皆。この小説で良い点を取ってきています。多分、興味津々でこの解釈を聞いた後に学校の授業を受けるからでし...
テスト対策

小説読解 太宰治「走れメロス」その10~拍子抜けの結末の訳~

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 今回は、結末編。多くの生徒がこの結末を読んで、「お話って、どーせこうだよね」と言い放ちます。 いわゆる、興醒め。失望の瞬間です。 文学作品。とくに、このメロスを教えていると、年...
中学生

小説読解 太宰治「走れメロス」その9~もっと恐ろしく大きいものの正体~

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 さて、本題。 さんっっざん太宰のこの「走れメロス」を違う視点と言いながら、言いたい放題語らせてもらいましたが、太宰が本来描きたかったもの。主題と呼べる物への言及を今日はしたいと思います。 ...
テスト対策

小説読解 太宰治「走れメロス」その8~善人の仮面を被った卑怯者~

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 皆さま、フレネミーって言葉。知ってますか? 完全な造語ですが、英語のフレンド(友達)+エネミー(敵)を合わせた言葉。つまり、敵は味方のフリをして最初は近付いてくる、という意味です。 孔...
テスト対策

小説読解 太宰治「走れメロス」その7~人間の真理 疲れている時は約束を守れない~

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 メロスも7回目。 良くこれだけ語る部分があるなぁ……と自分でも呆れているのですが、文学作品ってそれだけ内容が濃いのです。現代作品が薄い、と言っているわけではなく、人間の根幹を抉り出そうとし、...

This site is protected by wp-copyrightpro.com

タイトルとURLをコピーしました