こころ

小説読解 夏目漱石「こころ」その9~臆病ものが攻撃に転ずる瞬間~

「こころ」解説その9です。 今回は、ずっと臆病で、人の観察ばかりをし、一切行動を起こそうとしなかった先生が動くこと。つまり、Kを攻撃することを決心するシーンです。 大修館書店現代文B上巻では、188p~ 筑摩書房精選現代文Bでは、161p~ そして、小説の段落番号は40の部分です。 Kの意志の固さや、その行動力に怯えていた先生が、動く。行動することを決意するとしたら、どんな時なのか。 その心理も含めて、解説していきます。
こころ

小説読解 夏目漱石「こころ」その8~先生のエゴ~

「こころ」解説、その8。小説での番号表記39段から。 筑摩書房発行 精選現代文B159ページからの部分になります。 大修館書店発行の教科書には抜粋されていませんが、ここでもKと先生のとても大事なやり取りが垣間見えます。そして、夏目漱石が何故この小説のタイトルを「こころ」としたのか。その意味が見えてくるのもこの部分です。
こころ

小説読解 夏目漱石「こころ」その7~Kの謎めいた行動~

「こころ」解説、その7. 今回は、Kの謎めいた行動に対して、まとめてみます。 今回取り上げる部分は、大修館書店発行の教科書には載っておらず、筑摩書房発行の教科書には157p~から掲載されている部分です。
こころ

小説読解 夏目漱石「こころ」その6~魔物Kの恐ろしさ~

「こころ」解説その6です。 Kのお嬢さんにたいする恋の告白を受け、狼狽する先生。その先生のその後の考えや葛藤、動揺などを描いたシーン。Kを一種の魔物=得体の知れないもののように捉えているシーンでもあります。 幼いころから共に過ごし、その人の事をきちんと知っていたはずなのに、いきなり知らない人にでもなったかのような恐ろしさを感じる。その人が、違う存在に思えてならない。 そんな、不安と動揺を抱えた場面です。
こころ

小説読解 夏目漱石「こころ」その5~Kの告白の不自然さ~

「こころ」解説その5です。 大修館書院発行現代文Bの182ページ。第2段落からの部分となります。 筑摩書房発行の「精選 現代文B」も、この辺りからの抜粋となります。 Kの恋心の告白です。 【進むべき方面】 そんなこんな...
こころ

小説読解 夏目漱石「こころ」その4 ~先生がお嬢さんに告白しない理由~

「こころ」解説、その4。 大修館書店発行の現代文B上巻では、181pの第二段落からの部分になります。 他の教科書では、これ以降のシーンから掲載されていることが多いのですが、その前のシーンはとても重要な部分があります。 何故...
こころ

小説読解 夏目漱石「こころ」その1 ~主人公の背景~

明治の文豪夏目漱石。 日本を代表する小説家の長編傑作「こころ」 このタイトルの「こころ」には、実に様々な意味合いが読みとれます。そして、高校生の教科書に載っていて、難解な文章読解に頭を悩ます人が続出する小説でも有ります。 ...

This site is protected by wp-copyrightpro.com

タイトルとURLをコピーしました