文学の仕事

文学の仕事

文学の仕事 解説まとめと試験対策

加藤周一さん著「文学の仕事」の解説まとめと、テスト対策用の要点まとめをします。 テスト前にさくっと確認したい方は、ここからどうぞ。
文学の仕事

文学の仕事 解説その5 自分の目の前の他者を 抱きすくめることの意味

文学の仕事 解説その5 今回は15段落から17段落までの解説です。 人が自分の命をなげうってまで証明したいことは何なのか。そして、文学の本当の力とは、何なのか。解説していきます。
文学の仕事

文学の仕事 解説その4 全体に働きかけるための「一人の証人」の存在意義とは

加藤周一さん著 「文学の仕事」 解説その4 今回は、「巨匠」という木下順二さんの舞台の物語の中に登場する、ある老人の理解不明な行動から、アイデンティティの確立と人間の社会性を解説します。
文学の仕事

文学の仕事 解説その3 一人の少年の運命が全体の運命に繋がる意味


文学の仕事

文学の仕事 解説その2 目の前で苦しんでいる牛を助ける意味

加藤周一さん著。「文学の仕事」解説、その2。解説その1では、文学がなぜ必要なのかを解説しました。文学は人生の目的を決めるために。それを言葉で明確に表せるようになるために、必要なものになります。目的が決まってこそ、それを達成するために「どうす...
文学の仕事

文学の仕事 解説その1 文学がなぜ必要なのか

現代文B 加藤周一さんの「文学の仕事」を解説いたします。その1。今回のテーマは、「なぜ文学が必要なのか」

This site is protected by wp-copyrightpro.com