漢文解説 朝三暮四 定期テスト対策問題


スポンサーリンク

今回は中国故事「朝三暮四」のテスト対策問題。

テスト対策に使ってください。解説はこちら⇒漢文解説 朝三暮四

【問題】

次の漢文を読んで、以下の問題に答えなさい。

宋有狙公者。愛狙、養之成群。①能解狙之意、狙得公之心。損其家口、充狙之欲。俄(a)(b)②将限其食。恐衆狙之不馴(c)己也、先誑之曰、「与若芧、朝三而暮四。足乎。」衆狙皆起而怒。俄(d)曰、「与若芧、朝四而暮三。足乎。」③衆狙皆伏而喜。

-問1-

(a)(b)(c)(d)に入る置き字を次の中から選べ(同じ選択肢を2度選んでもよい)

(ア) 而
(イ) 呼
(ウ) 於
(エ) 于
(オ) 焉
(カ) 矣
(キ) 兮

※ヒント
「置き字なんか覚えてられるか―っ!!」という悲鳴が聞こえてきそうですが、点数欲しくないなら、そのまま勘で適当に答えてください。大抵、当たらないけどね。

置き字は、日本語で言うのならば接続詞です。「そして」と「しかし」は意味が違う。「が」という助詞でも、順接と逆説があります。ひらがな一字でも意味は大違い。置き字の違いは、

「あなたいい」
「あなたいい」

のニュアンスの違いと同じです。そんな細かいところを「めんどうだからどうでも良い」と言う人は、どうぞそのままで。嫌だって人は、参考書や教科書で確認を。

その確認の積み重ねが、受験で生きてきます。

 

-問2-

①「能解狙之意」を現代語訳しなさい。

 

※ヒント
主語と述語、目的語がきちんと入っているかを確認。
そして、「能」「意」「解」をきちんと訳すこと。誰が、誰の「意」を「解」すのか。

 

-問3-

②「将限其食。」をすべてひらがなで書き下しなさい。

※ヒント

再読文字の基本です。「すべてひらがな」は一文字でも違うと完ペンなので、気をつけること。

-問4-

③衆狙皆伏而喜。のように、猿がだまされた理由を40字以内で説明しなさい。

※ヒント

猿がどのような思考回路をしていたのか。そこを明確にする。

-問5-

「朝三暮四」の意味は、主に2種類ある。意味の違いを明確にし、2種類それぞれ答えなさい。

※ヒント

狙公側にたった意味合いと、宗祖側にたった意味合いを考える。

 

解答は明日。

ここまで読んで頂いてありがとうございました。

解答はこちら⇒漢文解説 朝三暮四 定期テスト対策問題 解答編




スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください