漢文解説「狐虎の威を借る」 定期テスト対策問題・解答


スポンサーリンク

中国故事「狐虎の威を借る」

定期テスト対策問題の、解答編です。

問題はこちら⇒漢文解説「狐虎の威を借る」 定期テスト対策問題

では、解答です。

【解答】

-問1-

(ⅰ)(ⅱ)(ⅲ)の「之」はそれぞれ何を指すのか、文中の言葉で答えなさい。

(ⅰ)「之」=百獣

(ⅱ)「之」=狐

(ⅲ)「之」=虎
(※狐の後ろにいる虎、なのだが、問題に「文中の言葉」とあるので、本文中には狐と虎を表している言葉は無い。なので、百獣が畏れたのは、「虎」)

-問2-

(a)「曰」(b)「遂」(c)「与」の読みを送り仮名も含めて、歴史的仮名遣いで書きなさい。

(a)「曰」=いはく

(b)「遂」=つひ(に)

(c)「与」=と
(※「与」が助詞の「と」という一字読みになる所をチェックしておく)

-問3-

①「子無敢食我也。」と③「敢不。」を現代語に訳しなさい。

①「あなたは私をすすんで(決して)食べてはいけない。」
(※無敢~ 否定語が「敢」の上に来ているので、否定形「決して~してはならない。)

③「どうして逃げない事があろうか。いや、必ず逃げる。」
(※敢不~乎 否定語が「敢」の下にあり、かつ、「乎」があるので、反語形「どうして~しないことがあろうか。いや、必ずする」)

-問4-

②「天帝使我長百獣。」が、以下の現代語訳になるように、返り点をつけなさい。

現代語訳「天帝は私を多くの獣の頭にさせた。」

天帝使我長百獣

-問5-

④「以為然。」を全てひらがなで書き下しなさい。

もってしかりとなす。

-問6-

本文の故事を読んで、虎が狐を食べなかった理由を50字以内で説明しなさい。

虎は、自分自身が多くの獣に恐れられていることを知らず、狐が言う、天帝が自分を多くの獣の長にした、という話を信じてしまったから。

 

 

以上、解答終了。

ここまで読んで頂いてありがとうございました。

解説を読む⇒漢文解説「狐虎の威を借る」


スポンサーリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください