小説読解 中島敦「山月記」解説 その4~あなたの心の中にも棲んでいる猛獣~


スポンサーリンク

こんにちは、文LABOの松村瞳です。

山月記の四回目。今回は、まとめとなります。

文学作品に代表されるように、小説は沢山のことを私たちに伝えてくれます。

それはスマートフォンの便利さや利便性、成績を上げるような劇的な、しかも即効性のある効果は見込めないかもしれません。けれど、深く考察することや困難に直面した時に主人公たちがとった行動を自分と比べ、受け止める作業は、同じような困難に自分が直面した時や、ふとした瞬間に振り返った時。驚くほど救いになってくれたり、前に進む一歩を提示してくれるものです。

「つまらない」と小説を一刀両断で切り捨てる子も多くいますが、そんな状態だからこそ、深く読み込む能力を持っている人間は、抜きんでます。人は、自分と同じような苦しみを抱えている人の姿を見ると、共感を得、感情を認めることでその苦しみから解放されることもあり、また多くの視点の広さを手に入れることも可能となります。

多種多様な考え方に触れ、それを貯めておく。

その楽しさに、ぜひ触れてみてください。

青空文庫「山月記」リンク

月を見るたび、李徴を想う

 

【人は見た目通りではないという真理】

人は見た目が9割、という本がありましたが、それが間違っているというわけではなく、見た目が中身に影響するのも一つの真理なのですが、それだけが全て正しいという真理は、この世には存在しません。実際には存在するのかも知れませんが、少なくとも今はそれが解ってはいません。

嫌な奴が、中身まで本当に嫌な奴であることは、殆どあり得ないのが真実です。

昨日のエントリーで、何故李徴が尊大で、人を見下し、自分の能力を誇示しながら、まるで人に嫌われるような態度をとり続けていたのかを、解説しました。

その威張る気持ちの根幹が、実は「自分が馬鹿にされたくない」という怯えであったこと。そして、自分が出来ないということを極度に恥じる気持ちが強いからこそ、その恥を感じなくてもいいように、どんどん人に対して偉そうな振舞いを続けていく。

威張りたいから威張っているのではなく、人に対して威圧的な態度をとる人間は、本当に威圧的な性格をしているわけではなく、何かを守りたいという怯えと自分の価値を踏みにじられたくないという防衛本能から、極度な攻撃に出でいるだけなのです。

意外かも知れません。

酷い言葉を投げかけ、偉そうに振舞い、平然と人に対して侮蔑するような言葉が投げかけられる人間が、実はその心の中は怯えが存在していたからだという事実。

けれど、中島敦が描き出した世界は、小説の中だけではなく、実際の私たちの社会の中でも溢れている行為です。

【名誉欲は何も得られない】

この山月記。現在の国語の教科書では、おもに高校2年生が使う現代文Bの教科書に掲載されていることが多く、高2というある意味、高校生活で最も楽しく、かつ、最も不安定な時期に授業を行うことが多いのですが、この「尊大な羞恥心」と「臆病な自尊心」の解説を行うと、誰もが目つきを変えていきます。

多分、本人達は自分の表情が変わっていくことなど気にもしていないのでしょうが、最初は「人がただ、虎になったことを悔やむ話」「発狂した人が、人に戻りたいって後悔する話でしょ?」と話していた彼らの表情が、段々と読解を深めていくにつれ、目の前の文字ではなく、少し遠くを見るような。焦点の定まっていない、独特の表情を見せることが殆どです。

人は自分の内面と対話をしたり、深い思考に耽っている時は、得てして目の前の物を見ているようで、見ていません。

自分の無知が露呈するのが怖い。人から馬鹿にされるのがとても怖い。

これは、別段李徴だけの話にはとどまりません。程度の差はあれ、私たち全ての人間が持っているものであり、自分を良く見せたいという欲求は、誰もが心の中に持ち得ているものだからです。

人間として、当たり前の感情。自分の中にも、確かにそれは存在している。弱みが無い人間など存在しないのです。そして、李徴の弱みは、自分が無能だ。才能などないと、人に嘲り笑われることだった。

何もかもが完璧で、最初から挫折を知らずに大人になってしまったが故の、欠点です。彼は、自分の弱みをさらけ出すことが、出来なかった。そして、創作をする上において、一番大事な「表現」「伝える」という部分で、大きな間違いを犯していた。

彼が望んでいたのは、名誉と名声。100年名を残す人間になりたい、と書いてありますが、実際、100年以上歴史に名を残している人物たちは、皮肉なことに「歴史に名を残そう」として何かを成し遂げたわけではない事が殆どです。歴史を学べば解りますが、歴史に名を残している人々は、名誉を最初から欲したわけではなく、最初は「誰かを助けたい」や、「この人についていきたい」「世の中を変えてみたい」「倒したい相手がいる」「これをやっていることが、楽しい」「これしか出来ないから、やっているだけ」という場合が殆どです。

誰も、名誉を求めて行動はしていない。逆に言うのならば、名誉を求めた時点で、名を残すことなど出来ないのでしょう。

【何かを自慢し威張る人は、承認欲求の塊】

詩人として、名を残したかった李徴は、人と交わっては詩など創れないと山にこもります。沢山の詩人たちが山で隠棲をして過ごした故事から、それを習った行動とも取れますが、その実、人の視線が怖くてたまらなかった。人と話す時に、本能的に怯えを抱いていたからこそ、人との接触を避け続けたのでしょう。

本当の天才に、孤独な人はいないと言います。

一人で何もかも成し遂げているように見える人でも、沢山の人に支えられ、生きている。同じように頑張っていたり、難関に挑戦して苦しんでいる、心を許せる友人達が必ず傍に居ます。




スポンサーリンク


むしろ失敗する人の共通点は、自分の周囲から人を排除する人なのかもしれません。

自分の弱みを曝け出せないから、その人の目の前に居る相手も弱みを曝け出すことは出来ない。更には、聞いてもいないのに実績などを持ち出し、それを口に出す人はどこかしらで不安を抱えている人だということも、同時に見えてきます。

褒められたい。特別に思われたい。

その気持ちに振り回され、人からの称賛ばかりを求め、孤独に突き進んでいった李徴。

中島敦はこの作品を通して、私たち全員の心の中に居る李徴に語りかけているような気がします。彼が虎になり果ててしまった後に、何度悔やんでも悔やみきれないと涙を流し続けたように、あなたはならないで欲しいと、語りかけているように思えてならないのです。

人よりも秀でたい。称賛を得たい。褒められたいと思うことは、確かに誰の心にも巣くっている。それを否定することは、人間として出来ない。けれど、それに飲み込まれず、猛獣が自分の心の中に居るということを解って、その獣を飼い太らせることがないよう。せめて、手綱のつなぎ方や、自分との付き合い方。人を避けたくなってしまったときに、自分を振り返る視点や、考え方。臆病な自尊心ではないか。尊大な羞恥心を出してはいないか。

「それ、知らない」と、言える強さを持っているか。

そう、語りかけてくるように、思えるのです。

【誰の心の中にも李徴は存在する】

この、性格的には到底好きにもなれそうにない、李徴。けれど、この李徴は、誰の心の中にもひっそりと棲んでいます。

生徒たちが読解を深めていく途中で、どこか遠くを見、そして思い当たることが多々あるのか、心の中を読まれたくないのか、さっと目を伏せて考え込む子や、心ここにあらず、と言った風情で何かを反芻している子。理解をすればするほど、皆、様々な表情を見せてくれます。

私が指導する生徒は、高校生は偏差値60以上の高校の子達が多く、いわゆる進学校という高校に進学している子達が殆どなのですが、そういった高校に進学する子は、中学時代は少なくとも、クラスで成績がトップクラスであったことは、曲げようもない事実。

そして、その成績を維持するために、それぞれ多種多様な努力をし、高得点をとることに慣れている経験を持つ人間が、プライドを持たないわけがありません。

皆、多かれ少なかれ、自尊心を持っているのです。そして、その自尊心があるゆえに、李徴の苦しみが理解できる。

中学でトップを経験している子達も、進学校の高校になってしまうとそうは上手くいきません。当然ですよね。能力の高い人間達に囲まれることによって、トップでいられるのはわずか上位10%から20%。大多数の人間は、平均から平均以下の点数を取るのです。

生まれて初めてとる、20点や30点といった点数。その点数は間違いだと努力をしても、なかなか容易に点数は上がらない。中学では簡単に上がったはずの点数なのに、それがどれだけ努力をし続けても、上がらない。

どうして?

と誰もが思い、点数が伸びない事にうつむき、唇を噛む経験を一度や二度、体験してきている状態です。

だからこそ、この山月記の内容が、心に響くのでしょう。

ああ、自分の中にも、確かに李徴が存在すると、挫折をし、自分が能力が無いことを受け止めきれずにもがいている途中だからこそ、この物語が大きく心を動かしていく。

これは学生だけに限らず、大人も同じです。自分を大きく見せたくなる。知らないと、言えなくなってくる。むしろ、大人の方がこの李徴の姿は胸にくるものがあるかも知れません。

テスト対策だけでなく、自分の心の動きを知る手助けとして、どうかこの山月記。手にとって、改めて読んでみてください。

ここまで読んで頂いて、ありがとうございました。


スポンサーリンク



コメントを残す