小説読解 中島敦「山月記」解説その5定期テスト予想問題


スポンサーリンク

中島敦「山月記」の定期テスト予想問題です。

記述の問題を解く時は、必ず、「主語と述語」「原因と目的」を意識して、解答を作ること。

後半にヒントを書いておくので、それを参考に解いてみてください。

【問題】

~問1~

次のカタカナを漢字に直せ。(本文中に使用されている漢字)

(1)ショギョウ (2)ザンギャク (3)シュクゼン (4)ヒキョウ (5)シュウチシン

 

~問2~

本文、第6段落「これは恐ろしいことだ。」とあるが、どのような点で「恐ろしい」と言っているのか。30字以内で説明せよ。

 

 

~問3~

本文、第6段落「古い宮殿の礎」とは、この場合、何をたとえたものか。本文中から、5字以内で抜き出せ。

 

~問4~

本文、第6段落「俺の中の人間の心がすっかり消えてしまえば、恐らく、そのほうが俺はしあわせになれるだろう。」とあるが、なぜ「しあわせ」になれるのか。25字以内で説明せよ。

 

~問5~

本文、第6段落「だのに、俺の中の人間は、そのことを、この上なく恐ろしく感じているのだ。」とあるが、その理由を簡潔に説明せよ。

 

~問6~

本文、第15段落「我が臆病な自尊心と尊大な羞恥心とのせいである。」とあるが、「自尊心」という言葉を用いて、それが当時の李徴にどのような行動として現れたかを100字以内で説明せよ。

 

~問7~

本文、第15段落「己の珠にあらざること」とはどういうことか。具体的に答えよ。

 

~問8~

本文、第15段落「人間は誰でも猛獣使い」とはどういうことか。説明せよ。

 

~問9~

本文、第15段落「この胸を焼く悲しみを誰かに訴えたいのだ。」とは、どのようなものか。60字以内で説明せよ。

 

~問10~

李徴が人間の時に創った詩は、袁傪曰く、「欠けるところがある」となっている。だが、虎になり果てたのちに即興で創った李徴の詩は、人々にこの詩人の薄幸を嘆じさせた。

李徴が人間であった時の詩と、虎になってからの詩の違いを、袁傪が指摘した「欠けているところ」を明らかにして、説明せよ。

【ヒント】

~問1~

ヒント省略。
漢字を覚えるには、日常的に使う言葉に、熟語を使うようにしてしまうこと。そうすると、自然に覚えるし、忘れません。

~問2~

 

問題文の前に、
「どうして虎になってしまったのか」と「おれはどうして以前人間だったのか」と書いてある。

前半は、もともと人間だった存在が、虎に変化。
後半は、虎が、人間だったという認識でなければ出ない言葉。




スポンサーリンク


この二つの違いを、解答に入れること。

 

~問3~

 

古い宮殿=過去
礎=土台

李徴の過去であり、思考の土台となっているものを、本文から探す。

~問4~

 

逆に考えるならば、人間の心が残っていると、幸せになることはない。つまり、不幸である、と言うこと。

何故、不幸なのか。
それは、何故虎になってしまったのか。
元に戻れる可能性はあるのか。
ずっと、このままなのかと、考え続けているから。

それを、一言でまとめて表す。

~問5~

問4と連動している問題。

人間の心が残っていると、不幸である。
けれど、その不幸がなくなり、幸福になる、ということは、同時に何を失ってしまうのかを、考える。

~問6~

本文、第15段落「我が臆病な自尊心と尊大な羞恥心とのせいである。」とあるが、「自尊心」という言葉を用いて、それが当時の李徴にどのような行動として現れたかを100字以内で説明せよ。

人間だった時の李徴の行動を、振り返る問題。

特筆すべき李徴の行動を、本文から抜き出すと、

・人と遠ざかった。(距離をとった)
・己の珠を刻苦して磨こうとしなかった。

この2つの行動が、具体的に何を指し示すのかを必ず解答に入れ込む。そして、「~という行動」で解答を終わらせる必要があるので、この2つを解答文の最後に配置すること。

そして、その行動に繋がる心理的理由を「臆病な自尊心」と「尊大な羞恥心」を言い換えて、書く。
「臆病な自尊心」=何かを極度に恐れている。(何を恐れているか)
「尊大な羞恥心」=偉そうな態度をとるのは、何故なのか。
偉そうに振舞う人は、大事に扱われたいという願望を持っています。つまり、今の自分に対する周囲の扱いに、不満を抱いている、ということ。
本文中「碌々として瓦に伍することもできなかった」がヒント。

 

~問7~

 

珠=才能、天才のこと。
何に対する、才能か。李徴はこれがないことをとても恐れていた。

~問8~

 

猛獣が何なのか。
全ての人間が持っているものであり、「猛獣使い」は「猛獣を意のままに操れる人」ということになるので、全ての人々がもっているものを、制御できる、という意味を書きこむこと。

~問9~

本文、第15段落「この胸を焼く悲しみ」とは、どのようなものか。60字以内で説明せよ。

「どのようなものか」と聞かれているので、「~~~~という悲しみ」が解答のテンプレート。

空費された過去を、李朝は歎いている。

つまり、自分の過去の行動、態度を反省して、改善したいと願っているのに、何かが問題で、自分の欠点に気がついても、意味がないと考えている。

そこを踏まえて解答を作成すること。

~問10~

人間であった時の李徴は、詩を作ることの目的は、何であったのか。
虎になり果てた李徴の詩を作る目的は、問9の問題部分の続きに書いてある。
その違いを対比で書けばよい。

 

解答は明日。

ここまで読んで頂いて、ありがとうございました。

解答はこちら⇒小説読解 中島敦「山月記」解説その6定期テスト予想問題・解答


スポンサーリンク



コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.