人の心を読む方法

テスト対策

小説読解 志賀直哉「城の崎にて」その2 ~蜂の死~

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 まずは、昨日のおさらい。 【死に親しむ、とは】 生死の境を体験したら、何かが変わるだろうな…… 例えば、自分が自動車事故に遭ったり、地震などの災害に遭ったとしたならば、何か生きることにし...
テスト対策

小説読解 志賀直哉「城の崎にて」その1 ~死に直面した人間の心理~

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 今回は、その文章の簡潔さ、そして描写の正確さから、「小説の神様」とまで評された志賀直哉の作品。「城の崎にて」の解説を取り上げます。 (Amazonに繋がります) 【日々の平...
テスト対策

小説読解 ヘルマン・ヘッセ「少年の日の思い出」その9~残酷な結末~

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 この「少年の日の思い出」に限らず、悲劇的な結末の小説というのは、とっても多いです。「山月記」や「故郷」、名作である「こころ」も「舞姫」も。そして、古典での名作である「源氏物語」も、基本的に報われな...
テスト対策

小説読解 ヘルマン・ヘッセ「少年の日の思い出」その8~人間を怒らせるもの~

皆さまこんにちは、文LABOの松村瞳です。 今回は、怒りの話。 そして、あまり表記のされていないエーミールの心について、解説していきます。 彼が何故、あんなにまでも怒りを見せたのか。そして、人間が抱く怒りという物の正体につ...
テスト対策

小説読解 ヘルマン・ヘッセ「少年の日の思い出」その7~言いわけの裏側にあるもの~

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 今回は、エーミールと主人公のすれ違い故の悲劇を解説していきます。 そして、主人公の何がエーミールをそこまで怒らせたのか。 【怒りのボルテージ】 怒りと言う感情は様々な身体表現を通...
テスト対策

小説読解 ヘルマン・ヘッセ「少年の日の思い出」その6~人間の本心はとっさの行動に表れる~

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 今日は主人公が衝動的に犯してしまった罪について解説します。 【衝動的な行動の意味】 衝動的な行動が指し示す意味。法廷裁判の中では、衝動に駆られて犯してしまった罪と、計画的に実行されたも...
テスト対策

小説読解 ヘルマン・ヘッセ「少年の日の思い出」その5~行動の矛盾を読み取る~

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 言っていることとやっていることが違う人って、たまに居ますよね。 勉強したい、と言っていて、実は全然やっていななかったり、嫌いと言いつつも一緒に居たり、別に面白くないと言いながらも、動画をずっ...
テスト対策

小説読解 ヘルマン・ヘッセ「少年の日の思い出」その4~主人公と対立する人間の意味~

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 突然ですが、皆さま、嫌いな人って居ますか? いっつも嫌味を言ってくる人。正論ばっかり振りかざして、攻め立てる人。猫なで声ですり寄ってくるクラスメイト。媚を売る人。強者に阿る人。権力を振りかざ...
テスト対策

小説読解 ヘルマン・ヘッセ「少年の日の思い出」その3~主人公の人格を推察する~

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 子供たちは読解能力と言うと、途端に目を曇らせるけれど、「人の気持ちや性格を早く理解することが出来る力」というと、目を輝かせます。 中学生になってくると、複雑な人間関係や、自分という自我の芽生...
テスト対策

小説読解 ヘルマン・ヘッセ「少年の日の思い出」その2~態度から心を読む方法~

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 「少年の日の思い出」その2。 ヘルマン・ヘッセの作品では、「車輪の下」がとても有名です。 主人公は周囲から理解されず、そして他人の価値観に振り回され、それに合わせようともがき苦しむ人間...

This site is protected by wp-copyrightpro.com

タイトルとURLをコピーしました