想像力

読書感想文

問題集をやるより文章を書く方が頭が良くなるワケ

頭が良いって、どういう状態でしょう? テストで良い点が取れる? 偏差値の良い中学・高校・大学に通っている? 色んな基準があると思うんですが、色んな生徒を教えてきて思うのは、「吸収力」と「想像力」がある子が、やはり伸びます。...
羅生門

小説読解 芥川龍之介「羅生門」その8~定期テスト対策問題・解答~

芥川龍之介「羅生門」の定期テスト対策問題の模範解答です。文章そのままを覚えるのではなく、同じ内容を書けるように、参考にしてください。
テスト対策

小説読解 芥川龍之介「羅生門」その6 まとめ~人は善悪・表裏一体の存在であるという事~

小説「羅生門」のまとめと同時に、芥川龍之介という小説家が描きたかった人間の姿という物に焦点を合わせて解説いたします。思考は現実化する、という有名な言葉がありますが、下人はそれを体現しているような男です。 盗人になるより仕方がないと考えていたことが、紆余曲折を経て現実になってしまう。その現実化してしまった時間は、たった数時間です。
テスト対策

小説読解 芥川龍之介「羅生門」その5~自己正当化の罠~

芥川龍之介「羅生門」解説その5。人は「仕方がない」という言い訳を口にするとき、どんな心の動きをしているのか。そして、自己正当化をしてしまう人間は、平気で悪行をなしてしまう。その豹変ぶりを解説します。
テスト対策

小説読解 芥川龍之介「羅生門」その4~正義という心の危うさ~

芥川龍之介「羅生門」解説その4。下人の心が、恐怖と好奇心から老婆に対する憎悪に代わってしまった理由を、解説します。
テスト対策

小説読解 芥川龍之介「羅生門」その3~追い詰められた人間の思考とは~

芥川龍之介「羅生門」解説その3 もともと不安定な状況があり、下人の性格も丁寧に説明した後、話は動き出します。この、話が動き出す前に主人公の性格と状況を把握しておくことが大切となります。
テスト対策

小説解説 芥川龍之介「羅生門」その2~下人の性格を把握する~

芥川龍之介「羅生門」の解説その2。下人の性格を本文から類推し、分析、解読をします。状況や環境、周囲の風景などの描写から、彼がどのような状態で、どんな性格をしているのか。小説家は、それを冒頭に必ず書いてくれています。
テスト対策

小説解説 芥川龍之介「羅生門」その1~下人の心情分析~

芥川龍之介の名作「羅生門」の小説解説です。高校の現代文定期テスト対策用。純文学の小説の読み方、そして登場人物の心情の読み方、感じ方を解説します。

This site is protected by wp-copyrightpro.com

タイトルとURLをコピーしました