2017-11

テスト対策

小説読解 魯迅「故郷」その6 ~鮮明だったものがぼやけていく物悲しさ~

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 鮮明だった銀の首輪の小英雄。くっきりと思いだされていたものが、途端にぼやけていく物悲しさを解説します。 そして、あれほど帰りたかった。20年来、心に描き、常に片時も忘れることのなかった故郷が...
テスト対策

小説読解 魯迅「故郷」その5 ~失意の裏に隠れた封建社会の名残~

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 ルントーとの再会を果たした主人公「私」。けれど、感動の再会とは程遠く、大人になったが故の、身分や背景を色々考えてしまい、幼い時とは同じように話すことが出来なかったシーンです。 あくまでも主人...
テスト対策

小説読解 魯迅「故郷」その4 ~砕かれた希望~

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 今回、「故郷」の中でも衝撃シーンNo.1の部分を解説します。 古い友人と思っていた人に、20年ぶりに再会した時。貴方は、先ず第一声で、その人を何と呼ぶでしょうか? 【ルント...
テスト対策

小説読解 魯迅「故郷」その3 ~悪い方へと変わった人々~

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 「故郷」の3回目。今日は、ルントー以外の故郷で出会う人。楊(ヤン)おばさんの登場の意味を解説します。 【昔と変わり果ててしまった姿】 ルントーの美しい思い出を堪能した主人公「私」の許に...
テスト対策

小説読解 魯迅「故郷」その2 ~明るい描写のフラグ~

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 「故郷」の二回目。今回は、この小説唯一と言っても良い、明るい思い出のシーンです。 【古びた家】 故郷に帰ってきた主人公「私」。ここで、実の母親と対面します。 -本文- 明くる日の朝...
テスト対策

小説読解 魯迅「故郷」その1 ~暗い風景描写が指し示す意味~

こんにちは、文LBAOの松村瞳です。 中学校3年生で読む、魯迅の「故郷」 この小説は、とても暗く、淡々とした内容がずっと続いたり、あまり好感を持てない人々がキャラクターとして登場することもあって、中学生たちには難問な小説になるの...
コミュニケーション術

説明上手になるためには 国語を勉強する目的

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 今回は、国語を勉強する目的とは? と題して、説明上手になる方法を書きます。 【説明上手=国語能力が高い人】 説明ってすごく大事です。学生時代だけの問題ではなく、社会に出る時や、就職活動...
テスト対策

古文の女はツンデレ? テストに影響大 意外と知らない古典常識

皆さまこんにちは、文LABOの松村瞳です。 昨日のゲスに引き続き、今度はツンデレです。(通じるのかな……通じると信じて……(笑)) 平安時代の女性って、ヤマトナデシコの典型で、御姫様で、かわいくて、何にも知らなくて、たおやかで、...
センター試験対策

古文の男は皆ゲス? テストに影響大の意外と知らない古典常識

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 意外に知らない古典常識と銘打って、少し書いてみようかと。 「えーっ、何でそんなの知らなきゃいけないの?」 という声が聞こえてきそうですが、これが必要あるんですよ。テストにも影響が凄く有...
テスト対策

本当の失敗とは テストの点数を嘆く前にやること~漢文解説「論語」~子曰「過而不改、是謂過矣」

こんにちは、文LABOの松村瞳です。 長い漢文が続いたので、ちょっくら今回は短めの物を。内容は、かなり胸をえぐりますが、結構この言葉っていつ、どんな時に耳にしても、「ああ、そうだよな」って納得できる部分が多いので、取り上げました。 ...

This site is protected by wp-copyrightpro.com

タイトルとURLをコピーしました