小説読解法 中島敦「山月記」解説 その1~主人公を嫌な人間にする理由~


スポンサーリンク


こんにちは、文LABOの松村瞳です。

今回は、ちょっくら現代文の小説解説に移ろうかと。いじめ問題が続いたから、気軽に読めるもの+勉強に役立つものを書いていきます。

今回取り上げるのは、中島敦の「山月記」。

孤独の象徴。夜の闇の中で、月以上に明るいものはない

【高校の現代文で一番人気な「山月記」】

高校生の授業を担当していると、三年間で一番心に残った小説は何かという質問に、皆口をそろえて、この「山月記」を挙げます。

人が虎になってしまうという「人虎伝」から、作者中島敦が着想を得、人が発狂して虎になってしまうというファンタジー要素が入っているお話なのですが、その実、人間の脆さや弱さ。そして、人の心を動かすには何が必要なのかを鋭く指摘している、名作です。

とくに解説をせずとも、「何となくこの話は、引っかかる」「面白い」「文は難しいけど、惹かれる」という子達が多く、解説をし終わった後だと、例外なく面白い現象が起こる小説でもあります。

この小説。主人公は李徴(りちょう)という若者なのですが、最初に読むとき。高校生たちはこの李徴を嫌います。「嫌な奴だなぁ」「友達になりたくない」「不幸になって、当たり前じゃない?」ぐらいに思う程度には、冒頭は結構最低な描かれ方をしています。

けれど、読み終わり、解説を受け終わった後は不思議なことに、この李徴を嫌いに成りきれなくなってしまうのです。

【小説は、主人公の変化を見抜く物語】

文学作品はこの傾向が多く見受けられるのですが、主人公が冒頭のままに最後の結末まで過ごすことは殆どありません。

何かしらの出来事が話の中で起こり、それを乗り越えるよう足掻く姿や、乗り越えて何かを手に入れたり、もしくは失敗して失ったり。

そんな「変化」が主人公に訪れて、何かが変わっていく。それが、良いことに向く時もあれば、破滅へと向かってしまうもの。もう後戻りが出来なくなってしまう時も、あります。

問題になる時も、この変化を説明せよと問われるものが殆どです。この根幹を理解すると、小説の読み方が解ってきます。

「嫌な奴」が「嫌な奴」で終わってしまったら、それは小説になりません。

何故、彼は「嫌な奴」なのか。李徴の何が私たちを苛立たせるのか。

このお話は後半になると、李徴自身の口から、「何故、自分が発狂して虎になってしまったのか」の原因を追及・分析するシーンがあります。

表面上に見えている部分と、その見えない内面が乖離していることは、ままあること。私たちは自分が思うほど、強い存在ではなく、強そうに見える人間にも、弱さや脆さを抱えていることが、最後まで読み解いていくと本当によくわかります。

中島敦は、李徴を嫌な人間にする必要があった。

何故ならば、人から嫌われている人間が心の奥底で何を考えているのか。不器用なその心の内。表面に見えている部分とは、心の中では全く真逆の心の動きがあることを、表現するためです。

そのために、元ネタとなった漢文には書かれていない彼の性格を、詳細に中島敦は描いています。

嫌な奴だと周囲に思われている人間は、そう振舞うことしかできない理由があったということを、彼は描きだしたかったのでしょう。

それを、数回に分けて解説していきたいと思います。

【「山月記」主人公、李徴の人格】

さて、私たちが「こいつ……嫌な奴だな……」と思う人間とは、どんな人物像でしょうか?

偉そうな人間? それとも、怒鳴り散らすような人間でしょうか? 感情のコントロールが効かず、絶えずイライラして人に当たり散らし、人を見下して自分のストレスを解消するような人間。

そう。「山月記」李徴の性格は、まさに人から嫌われる人間そのものを凝縮したような存在です。

李徴は博学才頴。つまり、超天才です。勉強が良く出来、そして容姿も豊頬の美少年、とまで表記されるほど素晴らしいものでした。

今風に言うのならば、めちゃくちゃカッコ良いイケメンで、秀才。東大を首席で入学し、入試はすべて満点。テストというテストに負けたことはなく、むろん出世も思いのままの、超難関な国家試験。科挙に合格を果たします。

けれど、彼には大きな欠点がありました。

それは、人づきあいが、とても下手だったのです。

人前でしゃべれないわけではありません。性格は大人しい、口数の少ないタイプだったわけではなく、むしろ逆です。かたくなで、人と交わろうとせず、自分と同レベルの人間などいない。そんなものは存在しないと思うぐらい、自分の能力が優れていることに自負を持っていました。




スポンサーリンク



だからこそ、周囲と交わることをしなかったのです。

周囲を見下し、自分に絶対の自信があり、また誰もが出来ない事を次々と達成していったことも、長い目で見れば李徴にとって禍になったのでしょう。

彼の自信は異様に高くなり、そうして、「お前らには出来ない事をやってやる!」と、役人として出世街道を目指すのではなく、仕事を辞め、山奥にこもって詩作に耽るようになります。

何もかもが上手くいった自分だからこそ、ただの役人で終わるのではなく、100年以上も名を残すような詩人になる。いや、ならなければならないと、詩を作ってばかりいるのですが、一向に成果は出ません。

そうして、ここから李徴の転落人生が始まります。

【段々と追い詰められていく李徴】

まず、詩が全くと言っていいほど評判になりませんでした。要するに、李徴の作った詩は人気が出なかったのです。そうこうするうちに、日々の生活が苦しくなっていき、李徴は人生で初めて挫折を味わいます。

おそらく、ここまで金に困った経験は、李徴にはないはずです。高位の役人として働いていたわけですから、お金がなくなる経験は体験したことが無く、そうして本当にお金がないこと。生活が苦しくなる、ということがどういうことなのかを、李徴は初めて知っていくことになるのです。

一人ならば自分で選んだ人生ですから、責任も自分ひとりでとれば済みます。けれど、李徴には妻と子供がいました。

だから、二人を餓死させてはならないと、詩を諦めてまた役人になります。

ここで、李徴は二つの大きな挫折をしています。

一つ目は、詩作を諦めたこと。おそらく、全く売れなかったのでしょう。そして、誰も自分の作品を読んでくれない現実に、絶望したからこそ、詩を書くのを彼はやめてしまいました。

二つ目は、また再び役人になったということです。小説の本文からは、一地方の公務員、官吏の役割をまかされ、再就職を果たしましたが、そこでも問題が発生したのです。

自分が詩作するために山にこもっていた時間。自分が見下していた人間たちが、身分がはるか上の方です。もちろん、李徴もそれに従わなくてはならない。

詩人になるという夢を打ち砕かれ、食べるのに困って働き始めたら、どう考えても自分より無能な人間の言うことを、上司命令として聞かなければならない状況です。

彼は、どんどん病んでいきます。病んで、顔の表情などげっそりとやせ衰えているのに、瞳だけは爛々と光り輝いているのです。

そんな人間、好きになれますか?

こうやって問いかけると、生徒はみな、無言で首を横に振ります。私自身、李徴が傍にいたとしても、自分から声をかけることはないでしょう。「こんなことも知らないのか?」と侮蔑の視線を投げかけてくる彼の視線に耐えられない自信があります。

その彼が、とうとう日々の屈辱と、更には自分が望んできたことが叶わなかったとうたった一度の挫折で、ある夜発狂して山へと飛び出して行ったのです。

最低な李徴。

発狂しようと同情の余地は全くありません。けれど、よくよく考えてみてください。

嫌な性格の奴を嫌な奴だと決めつけるのは、とっても簡単です。けれど、何故彼を嫌だと思うのか。どうして彼は、そんな振舞いしか出来なかったのかを、明日、また語ろうと思います。

では。この続きはまた明日。

ここまで読んで頂いて、ありがとうございました。






スポンサーリンク


コメントを残す