今と違う? 古典の季節の区分


スポンサーリンク

日本には、世界でも珍しい四季があります。

春夏秋冬。これだけはっきりと季節が分かれていて、それを心ゆくまで楽しもうとする行事やイベントが盛りだくさん。

更には、季節ごとに咲く花や自然を愛す言葉が。和歌や古典には溢れています。

【現代と違う季節区分】

その季節の区分なのですが、古典の世界と現在では、少々勝手が違います。古典を読む上で、この季節感はとても大事。

どう現代の季節と違うのか。

そして、古代と現代でどうして変わってしまったのか。少し、歴史を振り返ります。

【古典の春夏秋冬は、三か月ごと】

古典の世界では、

1月~3月
4月~6月
7月~9月
10月~11月

という風に区分されています。

厳密に三か月ずつ。そして、現代とは、二か月から三カ月ほどずれています。

今現在一月ですが、これで春と言われてもちょっと、「えっ?」って感じですよね。

更に、ここに24節季という細かい区分が存在します。

【春の24節気】

 

1月

睦月(むつき) 立春(りっしゅん)
雨水(うすい)
 

2月

如月(きさらぎ) 啓蟄(けいちつ)
春分(しゅんぶん)
 

3月

弥生(やよい) 清明(せいめい)
穀雨(こくう)

左から、月、異名、24節気となります。

一か月の間に二つずつ配分されている24節気。

現在で馴染みがあるのは、立春と春分。その他は、殆ど一般的に知られていませんが、カレンダーに小さい字で乗っている場合もあります。

1月に立春? という風に思われるかもしれませんが(現在は、2月4日)、古典の細かい知識というのは、意外に読解を助けてくれたりします。

立春は、春の訪れを告げる日です。

なので、1月1日に、迎春、だの新春、だの、「春」という字の言葉が使われるのは、この古典の季節区分の立春の名残が残っているからです。

【昔の誕生日は、誰もが1月1日】

そして、誕生日という概念も古典では存在しません。

 

皆、1月1日に一斉に年を取ります。

星占いとか、誕生日プレゼントとかを思いっきり無視した考え方なのですが、人々に日々のカレンダーという意識が芽生えるのは、太陽暦が入ってきた明治維新から。

平安から鎌倉、室町、江戸は、朝廷や幕府が出したこの24節気の区分で、一年の感覚を知り、季節の移り変わりを感じていたのです。

だからこの24節気。農業と関わる言葉が非常に多くなっています。字の読めない農民に対しての、季節を伝えるのにちょうどいい区分だったのです。

【夏の24節気】

 

4月

 

卯月(うづき) 立夏(りっか)
小満(しょうまん)
 




スポンサーリンク


5月

皐月(さつき) 芒種(ぼうしゅ)
夏至(げし)
 

6月

水無月(みなづき) 小暑(しょうしょ)
大暑(たいしょ)

現代の6月は梅雨であり、長雨が続く時期に、何故水無月(水が無い月)と書くのか、不思議な人も多いと思うのですが、この区分を見ると納得ですよね。

6月は夏のピークから終わりにかけて。

つまり、夏の一番暑い8月中旬から9月頭の時期を表しています。

なので、かっらからで雨が全然降らない、夏の暑さがピークに辛い時期。だからこそ、一雨欲しい時期、それぐらい渇いているということで、水無月、という名前が付きました。

【五月雨は夏の季語】

五月雨、という言葉は五月という月の名前が入っているので、うっかり今の感覚で春、と思いがちなのですが、五月は古典の世界では、夏です。

 

そして、暑さがピークになる前の雨、ということは、現在の梅雨。

五月雨=梅雨の雨が酷い時期の事。

なので、松尾芭蕉の「奥の細道」の有名な俳句。

五月雨を あつめて早し 最上川

の俳句の意味は、

「降り続いた五月雨(梅雨の雨)の水が、山や崖から集まって、この最上川は激流となって流れているよ」

となります。

ちなみに、五月晴れは古典では梅雨の合間の晴れ間のことを言います。今は、五月の良く晴れた日の意味しかありませんが、このような古今異義語は要チェック。

知っている、と思っている言葉が、自分の知識とはずれている時が、何よりも恐ろしい時です。

【6月30日にある夏越の祓】

6月30日は、一年のちょうど半分。
ということで、これまでの半年間の祓をする風習があります。

いまでも、神社などで行われるている行事。半年間のけがれを落とし、残りの半年を無事に過ごす意味合いもあります。

そして、月の最後の日のことを、それぞれ晦日と言います。

なので、一年の最後が何故大晦日になるかは、最後の月の最終日だから。

【秋の24節気】

 

7月

文月(ふみづき) 立秋(りっしゅう)
処暑(しょしょ)
 

8月

葉月(はづき) 白露(はくろ)
秋分(しゅうぶん)
 

9月

長月(ながつき) 寒露(かんろ)
霜降(そうこう)

7月の文月の行事は、なんといっても7月7日の七夕です。(参考⇒読めたら凄い!! 七夕「乞巧奠」の由来。

7月の異名が文月になった由来は、この七夕の日に短冊を書いたことに由来するという説もあります。

8月の葉月は、葉っぱが色づいて散る光景。つまり、紅葉の時期であるということ。

仲秋の観月。いわゆる仲秋の名月は、8月15日に行われていた宮中行事。今では、お盆や終戦記念日のイメージが強い日ですが、古典ではお月見の日です。

9月の長月は、8月15日の仲秋の名月からちょうど一か月後。満月をもう一度楽しむ十三夜という名月観賞の行事がありました。

秋はやっぱりお月見の時期なんですね。

【ちはやぶる~は秋の名歌】

百人一首の代表歌であり、某漫画のタイトルにも使われた、ちはやぶるの歌。

この歌は秋の紅葉に彩られた風景を読んだ歌、とされています。

ちはやぶる 神代もきかず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは

「はるか神代の話としてさえも、聞いたことが無いぐらいに美しい。竜田川が紅葉を浮かべ、真っ赤な色に水の流れを染めるように、絞り染めにしている光景などは」

竜田川を真っ赤に染め上げているのは、紅葉です。紅葉は秋の季語。ただでさえ綺麗な紅葉の時期の山で、紅葉が川を彩るように染め上げている。なんて綺麗なんだ。こんな風景、神代の伝説の時代でも聞いたことが無い、という意味。

 

伝説以上に綺麗だなと思う風景って、凄いですよね。

和歌の訳が苦手な人は、どうしても直訳をしてしまう人です。

和歌は、直訳ではなく、抽象的に書かれているから、その光景がどうだったのかということの感想が書かれていない。その時の気持ちをたすようにしてみると、一気に

【冬の24節気】

 

10月

神無月(かんなづき) 立冬(りっとう)
小雪(しょうせつ)
 

11月

霜月(しもつき) 大雪(たいせつ)
冬至(とうじ)
 

12月

師走(しわす) 小寒(しょうかん)
大寒(だいかん)

さて、冬の24節気です。

10月の神無月は、10月に出雲大社で神様の会議があるので、全国から神様が出雲に行ってしまい、いなくなるので神無月。

出雲地方だけ、神有月と書きます。是非、訪れるのならば10月に行きたいですね。

11月の霜月は、霜が降り始める月。

そして、12月の師走は、師=お師匠様の意味。

いつも偉そうにしているお坊さんやお師匠様ですら、忙しくて駆け回るほど、年末は忙しいことから名づけられた異名。

今現在は、1月20日~の大寒の時期。

33年ぶりに低気温注意報が発令されるほど、2018年の大寒。一年で一番寒い時期は、とても辛いものとなりました。

けれど、もうすぐ2月4日。春はすぐそこです。

【まとめ】

古典の異名と季節の違いを説明してきましたが、知識は知っているだけではもったいないです。

是非、知った知識を和歌などで見つけたり、季節を意識して古典の言葉を読んでみたりすると、頭の中に定着します。

覚えようと思うと、逆に離れていくのが知識。

何度も繰り返し読むことで、簡単に頭に入るので、意味をひもづけして覚えてください。

 

ここまで読んで頂いてありがとうございました。

明日は節分を取り上げます。

 


スポンサーリンク



コメントを残す